「ああ!あの件ね!録画されてる状態じゃなかったから、これ以上捜査しても意味ないから打ち切ったみたい」と言っていた。

「ああ!あの件ね!録画されてる状態じゃなかったから、これ以上捜査しても意味ないから打ち切ったみたい」と言っていた。

私の働いているコンビニで盗撮事件が発生した。

場所はトイレだったのだが、設置されていたところが、トイレットペーパーの替えを入れるところにある僅かな隙間に小型カメラを固定もせず、トイレットペーパーと隙間が動かすのが難しいくらいの狭い隙間だったため、ただ挟んでいるだけの状態だった。

見つけたのはお客様だったのだが、そのお客様は私の先輩である社員に渡していた。

そして、社員さんから、「そのようなことがあったから、警察に届けに行ってくる」と言って、しばらくして帰ってきた。

そこから1ヶ月くらい経った頃、とくにその後の話が一切無かったことから、私は上司にどうなってるのか聞いてみた。

「ああ!あの件ね!録画されてる状態じゃなかったから、これ以上捜査しても意味ないから打ち切ったみたい」と言っていた。

私からしたら何か解せなかったところもあったから、被害に遭ったはずである、カメラ発見者の時々来られる常連さんにも聞いてみた。

「本当にあの時はビックリしたけど、どうしても外せない用事があったから、あのまま店員さんにカメラ預けて、託したまんまで何も聞いていない」と言われた。

ちょっと嫌な予感もしてきたから、預けたと思われる交番に行って、「ここ1ヶ月くらいの間に小型カメラを預かっていないか」聞いてみた。

すると「そういったものも預かっていないし、ここ1ヶ月はおろか3ヶ月くらいは、そこの〇〇(コンビニ)さんでは忘れ物以外は預かってないよ。最後に〇〇さんとこで事件は半年くらい前の万引き犯だったと思う」と言われた。

もうこれは確実に先輩が隠蔽していると確信して、問い詰めたらモゴモゴしてたからバレバレ。

「最後まで自分だけではない。」と共犯だったと言い張っていたが、そのまま警察に連れて行って、オーナーまで来る始末。

そのまま仕事には戻らず辞めていった。

捕まったとしても、ブタ箱には入らん程度だろうから、今は何をしているのやら・・・

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする