• ・嫁と間男を抱き合わせて縛った →間嫁「…」俺『てめえの嫁にも見せてやれ、これでさすぞ?(顔に包丁を当てる)、嫁!お前の夢はコイツが叶えてくれるんだろ、なぁ?』 →
  • ・俺「…おまえ、男だったのか」嫁「ごめん、自分でも忘れてた」 → そして離婚を切り出した結果は、なんと…
  • ・青信号なのに凄いスピードでやって来た車が、横断歩道に差し掛かった途端、急ブレーキで停車。どうやら当たり屋が出てきたようで・・・
  • ・フリン関係で諦めようとした最愛の彼の子供を妊娠した結果、なんと私が結婚したのはまさかの…
  • ・上司と残業しているとガスゥと異音 → 自分「お、なんか刺さってんな~」
  • ・嫁が俺のことを間男の名前で呼び浮気が発覚。携帯見たら真っ黒…嫁「遊びでした」「間男さんに心はありません」友人5人連れて間男に凸
  • ・会社で借りてる月極の駐車場に、見知らぬ車が入れ替わりで停めてる。U字ロック+ワイヤーロック計4個をホイールに付けて電話番号貼っておいたわ→電話が来て修羅場に!
  • ・亡くなった幼なじみにお線香をあげに行ったら、母親に「娘をイジメてた連中に復讐したい。協力して」と頼まれ
  • ・アウトレットモールで。夫『トイレいきたい』私「待っとくよ」→私「遅いな…」夫電話『事務所にいるから来て欲しい…』私「えっ?」→行ってみると…
  • ・【ゾッとした...】タクシーに乗ってきた客「運転手さん、子供いる?」運転手「ええ、2人います」客「そう... もし、いないって言ってたらさ...」
  • ・うちに泥棒が入って1週間後、警察「犯人逮捕しました。Aママです」私「えっ」警察「重症で入院中です」→元タカラジェンヌが憐れな姿に…キチママになった代償
  • ・「完全にバレた。どうしよう… 昨日旦那が帰って来なかった。悔やんでも悔やみきれない。旦那が戻って来てさえくれれば、もう絶対こんな事しない。」だったら最初からやんなよw
  • ・俺、大学生をひきころす。警察「お咎めなし」俺「え!?」遺族「ご迷惑をおかけしました」俺「え!?」 → 今も心の中は修羅場だ
  • ・【衝撃】銀行の駐車場で落ちている封筒を見つけた。私「もしかして中身は…(ゴクリ」→中を見てみると、諭吉さんが何人もいた!震えながら運転して交番に届けた結果
  • ・玄関に手を掛けると、鍵がかかってない。俺「あれ?嫁いるのか?」→中から「やめてー!」と声が聞こえてきて…
  • ・私(しまった!旦那にウワキ現場見られちゃった…ヤバ) →旦那『ぺこ(会釈)』私(えっと…?) →帰宅後、一切のお咎めなし…これって…
  • ・【※閲覧注意】ハンクラで使用する包みボタンが泥された →ママ友旦那『妻が両目をケガした!慰謝料請求する!』あろうことかハードコンタクトレンズと勘違いしたらしく…
  • ・痴漢を捕まえて警察に引き渡した。俺「もう安心だ。帰ろう」警察「あ、待って」→本当の修羅場が始まった…
  • ・俺「間違いだったら申し訳ない。ずっと気にかかってたんだが、娘(3)は本当に俺の子か?」→すると、妻はなんと…
  • ・買ったばかりのカメラで嫁と間男を撮った。2人とも固まってはいたが、いい写真が撮れたと思う。明日は間男の結婚式なので、面白い余興のネタが出来たwwwつーか、胃が痛いwww
  • ・【閲注】病院の受付「○○さーん」女「はい」私「(どっかで聞いたような…)」→ググってみたら…
  • ・帰り道、雪がたくさん残っている道路をゆっくりと走っていると、後ろから某フレンドパークでダーツが当たるともらえる車が煽ってくる。
  • ・現役刑事の義父「ぶっちゃけて欲しいんだが、実は同性愛者だったりするの?」俺「え?」→全てを白状させられ…
  • ・実家に年の離れた弟がいる。実は中学の時に産んだ私の子。父親はなんと… → 母「許してくれ(泣)」私(進学せずに育てるか…)
  • ・兄夫婦がうちに一泊することに。兄嫁『あなたの奥さんきもちわるい。狂ってる。こんな人と親戚なんてありえない』俺「は?」 → 実は嫁は…
  • ・【修羅場】昼休憩後に売り場に戻ろうとすると。パート社員数名『まだ売り場に出ないで隠れてて』主任の私『え??どうして?』→パート社員の一人から説明を聞いたら...(||゚Д゚)怖ァ
  • ・コトメコ(小3)が遊びに来たとき、 私がお茶を用意している間に紙を使って貯金箱の中身を抜いていた! → 叱りとばしたらまさかの答が…
  • ・【衝撃】牛丼屋にセーラー服を着たおっさんが来店。みんな「……(チラッ」→ とりあえずスルーしていたら、おっさんが店員に・・・
  • あの時は世間知らずの子供で何も分からなかった時だったから、 冷静に対応したA子を心底尊敬した。

    あの時は世間知らずの子供で何も分からなかった時だったから、 冷静に対応したA子を心底尊敬した。

    地方大学に入学してまだ初めての独り暮らしに慣れてなかった頃、大学から知り合って数日の同じ一年A子と並んで自転車で帰ってた。

    住宅街の車一台通れるくらいの道を並んで自転車で走ってたのでこちらも悪かった。

    右に曲がり角がある辺りに差し掛かった時、同じく自転車に乗ったおばちゃんが後ろから右内側へ入ってきた。

    突然の事で驚いている間に右に曲がりきれずに私の自転車と接触して二人して転倒

    「すいませ・・・」

    と言おうとした時、もの凄い剣幕でおばちゃんに怒られた。

    「こんな道に二人して走って並んで!」

    「自転車壊れたじゃないの!どうしてくれるのよ!」

    見るとおばちゃんの古い自転車のカゴは倒れた衝撃でひし形に

    「ここ怪我したわよ、膝!」

    ズボンで見えなかったが怪我をしたという言葉に顔面蒼白になって、もうどうして良いか分からなくなった。

    「こんな道を二人で並んで走って、どういうつもり?!自転車弁償しなさいよ!怪我の治療費も払ってもらいますからね!」

    自分のせいで、自転車も壊して、怪我までさせて、もうどうして良いか分からなかった。

    「大学生ね?親の連絡先を教えなさい!全部弁償させるから。早く教えなさい!」

    せっかく下宿先を探してくれて、涙目でつい数日前に地元へ帰っていった母親に大学に入って数日でこんな事件起こしてお金を払わせなきゃいけない。

    もうね・・・情けないのとパニックとで私はどうしようもない状態だった。

    とそこで今まで黙っていた東京出身のA子が冷静に口を開いた。

    「確かに二人並んで走っていた私たちも悪い。けれどもどうして内側から右に曲がろうとしたのですか?あなたが通るスペースは充分空いていたはずです。なのにわざわざ通るスペースもない内側から右に曲がろうとされた。私達も悪いですが、あなたも悪いです。」

    「はぁ?!どういうつもり?!そもそも二人して並んで走ってたからこんな事になったんじゃないの!自転車壊して、怪我までさせて!この自転車どうしてくれるのよ!」

    「えぇ、私たちも悪いです。すいませんでした」

    A子はおばちゃんの自転車を起こして曲がったカゴを引っ張って元の四角に戻した。

    「直しました」

    おばちゃんは唖然。

    「私達も悪いです。ですがあなたも悪いです」

    おばちゃんは小声で何か言いながら自転車で去っていった。

    呆然として口がきけない私の自転車を起こしてA子

    「私も並んで走ってて悪かった ごめんね」

    あの時は世間知らずの子供で何も分からなかった時だったから、冷静に対応したA子を心底尊敬した。