「日本にだって勇壮で荘厳で上質な音楽は、日常的に触れ合えるくらいある。 今の演奏は本当に素晴らしかったが、だからって日本の音楽を貶める事はないと思う」

「日本にだって勇壮で荘厳で上質な音楽は、日常的に触れ合えるくらいある。 今の演奏は本当に素晴らしかったが、だからって日本の音楽を貶める事はないと思う」

以前、短期留学でアメリカに2週間のホームステイをした。

観光地ではなかったけど、そこには立派な教会があって、ホストマザーが日曜礼拝に連れて行ってくれた。

音の良いピアノに20人くらいの聖歌隊が素晴らしい歌声を披露してくれて、惜しみない拍手をしていると、初老の日本人男性が英語でスピーチを始めた。

「素晴らしい演奏と歌をありがとう。日本にはこんな勇壮で荘厳な楽曲は無いので、日常でこんな上質な音楽と触れ合える皆さんが羨ましい」

近くの大学にゲストとして来ている教授らしいのだが、おいおいと思った私は挙手。

「日本にだって勇壮で荘厳で上質な音楽は、日常的に触れ合えるくらいある。今の演奏は本当に素晴らしかったが、だからって日本の音楽を貶める事はないと思う」

「どんな音楽があると?」

牧師様にピアノを弾く許可をもらって「宇宙戦艦ヤマト」を演奏。

教会の音響効果もあったと思うけど、なかなかうまく弾けた。

スタンディングオベーションをもらうなんて人生で初めてだったよ。

その教授は「忘れてたよ。良い音楽を思い出させてくれてありがとう」と言ってくれて握手。

リクエストをもらって「銀河鉄道999(ささきいさおが歌ったほう)」を弾いた。

照れくさかったが良い思い出。

教会の皆さん、日本人同士のいざこざに巻き込んじゃってすいませんでした。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. わん より:

    宇宙戦艦ヤマトってたしかに荘厳なアレンジだけど、メロディーは軍歌なんだよなあ、、、