修学旅行でイタリアに行かせてもらったとき、現地人らしい兄さんに友人がナンパ?された。

修学旅行でイタリアに行かせてもらったとき、現地人らしい兄さんに友人がナンパ?された。

修学旅行でイタリアに行かせてもらったとき、ローマで自由時間があった。

友人2人と3人で行動していて、疲れたからお茶でもしようというときに、現地人らしい兄さんにナンパ?された。(正しくは友人が)

お茶をおごるというんだけど、私含む2人は危ないから止めようと言ったのだが、1人が「いいじゃん、イタリア人とお茶できるなんてないよー」などと言ってくっついて行ってしまったので彼女(Aとしよう)一人で行かせるわけにも行かず。

困っていると友人Bが機転を利かせ、「あそこに入ってみたい!」などと言って教師が待機している店のほど近くのスタバみたいなカフェ?に必死に誘導した。

兄ちゃんはわれわれの名前を聞き出して「XX子?エキゾチックな名前だね」とか抜かしていたが、私とBは先生に見つかると困るしそわそわ。

そのうち兄ちゃんが「二ホンのお金見せて欲しい」とか言いだした。

素直なAは100円玉とか10円玉を見せてやっていたが、兄ちゃんは「紙幣を見せて欲しい」と言いだした。

Aが千円札を見せると、もっと高額なのがみたい」とか言いだした。

怪しすぎる。

私とBは顔を見合わせ、(これって詐欺じゃね?)と目と目で会話した。

逆ギレされてもコワイし、どうしようと思いつつ、「私たちは勉強のため旅行中の学生なので、高額な金は持っていない。近くにいる先生が預かっているので、先生を呼んで見せてもらおうか?」

と私が苦し紛れの出任せを言うと、Bが「あ、あっちから来るのは先生だと思う。今呼ぶね!」と合わせてくれた。

兄ちゃんは急に慌てた様子で「やっぱりいい、またの機会に」とか言いつつそそくさと行ってしまった。

Aはニコニコしながら「奢ってもらえたねー」と嬉しそうだった。

もしかするとただの紙幣に興味のあるナンパ兄ちゃんだったかも知れないが、当時(高2)の自分達的にはすごいドキドキする武勇伝だった。

それにしても危ない真似をしたものだと思うとゾッとする。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする