押し売りがしつこいから婆ちゃんが断ってたら、「このクソババァ!」とキレて、ナイフを取り出した。

押し売りがしつこいから婆ちゃんが断ってたら、「このクソババァ!」とキレて、ナイフを取り出した。

実家の婆ちゃん。いつも上品に着物を着こなして、仕草もお上品。

俺が高校生の頃、今となっては珍しい押し売りがきた。

あんまりにしつこいので、婆ちゃんが毅然と断ったら、その押し売りが「このクソババァ!」とキレて、ナイフを取り出した。

そしたら婆ちゃん、奥の間に飾ってあった薙刀を持ち出し、手際よくタスキを掛けると、すばやい動きで押し売りの手からナイフをはたき落とし、のど元に切っ先を突きつけて、「とっとと出てお行きなさい!」と腹の底に響くような声で怒鳴った。

少ししたらその押し売りが警官を連れてきた。

「薙刀で殺されかけた」とか言ったらしい。

婆ちゃんが毅然といきさつを説明しているうち、所轄の偉い人が駆けつけて、婆ちゃんに丁寧に謝罪して、押し売りを連れて引き取っていった。

後で母ちゃんに聞いたら、婆ちゃんは昔、薙刀の師範代だったとのこと。

また、若い頃から防犯活動やら青少年の育成やら、いろいろと警察にも協力していて、当時の署長とも顔見知りだったとのこと。

もう惚けちゃったけど、あのときは格好よかったです。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. わびすけ より:

    リアルサマーウォーズ…