フリマでその店で買った後に向こうの店で見た同じものが半額並の付け値だったそうで、子供のオモチャ持った子連れの母親らしき女性が喚いてた。

これは数年前の話。

お寺の境内で定期的にやっていたフリーマーケット。

何度か行ったことがあったが、今回は友達に誘われて行った。

すると、とあるブースで子供のオモチャ持った子連れの母親らしき女性が喚いてる。

どうやらその店で買った後に向こうの店で見た同じものが、半額並の付け値だったそうで「あまりにも酷いじゃないですか」だと。

いくらで買ったのか知らないけど、一度は自分がその値段で了解したんだから、見た順番が悪かったんだから仕方ないだろうにと思って見ていた。

売った側の店の主人も最初は「こういうところで定価とかそういう意識の話されても」的な事を言っていたのだが、やがて相手にするのが面倒になったらしく、主人は「お金返すからそっちで買ったら?」と仰った。

これを聞いてチャンス!と思い「向こうの店」に猛ダッシュ!

母親の持ってたオモチャを欲しくも無いのに速攻で購入。

店に向かうその女性の脇をこれ見よがしにオモチャ抱えてすれ違い、もとの店の主人に向かって「さっきは大変でしたね」と買ったオモチャを差し出し親指を立てた。

主人は私に向かって片目だけ吊り上げニヤリと笑った。

向こうでガッカリした顔の女性がこっちにトボトボ戻ってきたから、急いで帰ってきたけど、良いことしたのか否かは賛否があるかもしれないが、個人的にはスッキリした。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする