「二郎君、僕は二度と喧嘩に空手を使わないと約束した。男の約束を守るとはこういうことなんだ!」

「二郎君、僕は二度と喧嘩に空手を使わないと約束した。男の約束を守るとはこういうことなんだ!」

ホームルームの時間、学級委員として僕はうるさい連中を注意した。

すると学校でも札付きのワルである一郎が僕に突っかかってきた。

僕は「一郎君、僕に手を出さないことが身のためだよ。僕は空手をやっているんだよ」

僕の言葉に一郎は「てめえ、この野郎!」と殴りかかってきた。

僕は軽くさばいて、正拳を5発ほど打ち込んだ。

顔面、ボディへと綺麗に打ち分けて、すべてクリーンヒット。

一郎は失神して怪我を負ってそのまま入院。

僕は一郎の病室を訪れ、「すまない一郎君。僕はやりすぎた」

一郎は「何言ってんだよ。殴りかかっていったのは俺だぜ、自業自得だよ」と言って笑っていた。

しかしそこへ一郎の弟の小学生の二郎が「お兄ちゃんをこんなにしやがってバカ!」と泣きながら両手を振り回して、僕を叩いた。

僕は「すまなかった、二郎君。もう二度と空手を喧嘩には使わない。約束する」と二郎君と男の約束をして握手。

そして、僕は二郎を病院から家に送って帰ることになった。

その帰りの道中に、一郎がやられたと聞きつけた一郎のワル仲間が僕を取り囲んで、

一郎の敵討ちとばかりに殴りかかってきた。

僕は殴られっ放しになっていた。

二郎君が「空手を使え!」と泣き叫ぶ。

僕は「二郎君、僕は二度と喧嘩に空手を使わないと約束した。男の約束を守るとはこういうことなんだ!」

そして、一郎のワル仲間に僕はボコボコにされた。

しかし、二郎君にはどっちが勝者だかわかっていたと思う。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする