都心の街にあるメニューが詐欺レベルのカレーショップ。非難が殺到して、ようやく改められた。

都心の街にあるメニューが詐欺レベルのカレーショップ。非難が殺到して、ようやく改められた。

関西の方の都心にある、最近できたばかりのカレーショップ。

カレーそのものはなかなか美味しいのだが、メニューが詐欺レベルに酷かった。

メニューに「カレー600円」と書かれているのだが、メニューにも書かれていないことをいきなり店員さんが言い出した。

「カレー600円だとライスはありません。Aセットで頼んでいただくと、ライスとスープとドリンクが付いてきます。」

とか言い出した。

温厚な私は初めてこの店に入ったときこそ言わなかったものの、次の来店時に、同じことを言われたから・・・

「これ、初めて来た人にこの説明がされてなかったら、ルーだけなの?ってなって、お客さんビックリしますよ」

酷いことにこの店はライス単品では売られておらず、セットで頼まないとライスが付いてこないという、カレーショップとして信じられない状態だった。

そして、一月くらいした頃に、ライス単品が出たのだが、セット300円に対して、ライスが中で200円。

確かに大手カレーチェーン店に比べれば格段に安いけれども、ライスだけの値段で考えたら高すぎる・・・

たまたまそのとき来ていた既に常連になりかけていた客にも、その日がライス単品がメニューに登場した初日だったらしく

「これじゃあ客が遠のくぞ。せっかくカレーは美味しいんだから、もう少しなんとかしてくれ」

と頼んでいたのだが、僅か1週間でメニューが再び変わって、ライスがサイズ関係なく一律200円になった。

店員さんに聞いたら・・・

「やっとメニューに対してのクレームが無くなりましたし、お客さんも日に日に増えています。あの時はご指摘ありがとうございました!」

と言われた。

そこから数年後、今でもその店に通っていて、話を聞いた店員さんはいつの間にやら店長になっていて、たまーにサービスまでしてくれることもある。

あのとき非難囂々だったメニューが改められてなかったら、店も無かったかもしれないと思うと、今常連として通っている俺は、何か感慨深いものがある・・・

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする