クラスでも取り分け意地の悪いKという男子が、私のすぐ横の窓枠に座り、上履きを履いたままの足で私の頭をぐいぐいとやったのです。 すると・・・

クラスでも取り分け意地の悪いKという男子が、私のすぐ横の窓枠に座り、上履きを履いたままの足で私の頭をぐいぐいとやったのです。 すると・・・
私が小学生の頃の話です。

まだ小学1年生、図体はでかいくせにノロマですぐにピーピー泣く私は、クラスの子たち(特に男子)からバカにされてたんでしょう。今だからそう思うのですが。

で、なかでも取り分け意地の悪いKという男子がいました。

こいつはとくに性悪で、男子からも女子からも嫌われていたのですが、ある休み時間、そいつが私のすぐ横の窓枠に座り、上履きを履いたままの足で私の頭をぐいぐいとやったのです。

痛いし悲しいしで私が泣き出しても、誰も止めてはくれません。すると担任である女性が早足でこちらへ近付き、いきなり私の上履きをもぎ取ると、Kの頭をそれでひっぱたいたのです。

パッカーンと、かなりいい音がしました。

担任は「自分がされたらどんな気分になるか考えなさい!」とKを怒鳴り付け、私に謝らせると次は周りのクラスメイトたちに「あなたたちも良いことと悪いことぐらい
は解るでしょう!」と更に怒鳴り付け、私に上履きを返すと、何事もなかったかのように職員会議へ行ってしまいました。

今でも先生のことを思い出すと、感謝の気持ちと共に「凄いことしたなあ」という気分にもなります。

とっても良い先生でした。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする