「ビークワイエット!」

「ビークワイエット!」
電車の中で外人の集団が大声で会話していた。

ゲラゲラ笑いながらだんだんとエスカレートしていって、

車内で互いの写真を撮り始めた。

突然、スーツを来た50代くらいのオッサンが、「ビークワイエット!」と一言。

外人の集団、「ソ、ソーリー」と無言になった。

オッサン、電車から降りるとき一言「サンキューフォーユアコーポレーション」

バリバリのカタカナ英語だったけどかっこよかった。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする