「噴水になる」という答えでクラスのみんなから大爆笑されたのだが・・・

「噴水になる」という答えでクラスのみんなから大爆笑されたのだが・・・
小さい話だけど、小学生のときの授業参観での話。

理科の授業で、担任が教室の前にみんなを集め、教卓で実験をやって見せた。

丸フラスコの中に水を半分ぐらい入れ、長いガラス管のついたゴムせんをはめこみ、そこに熱い湯をかけるとどうなる・・・?という内容。

生徒みんなが思い思いに「蒸発する」とか「お湯になる」とか結果を推測し、担任が「じゃあ●●だと思う人、手を上げて~」と出た意見をまとめていく。

私がどの意見にも手を上げずにいたら、「じゃあ×ちゃん(私)はどう思う?」と先生。

私はなぜかどうしても「噴水になる」という答えしか考えられなかった。

あてずっぽでもないし、理屈でもないんだけど、そうとしか思えなくて。

で、「噴水になる」と答えたのが私一人だけで、クラスのみんなが大爆笑。

「そんなわけねーじゃん!!」「バカじゃねーの!」とかいうヤジまで飛んだ。

授業参観にきてたほかの生徒の親までもが笑ってた。

私は笑われた恥ずかしさで泣きそうになって、ちぢこまってた。

そんな中実験が開始され、その結果、見事な噴水が・・・

さっきまでの笑い声が、一気に「おぉ~!」という声に変わった。

結局正解したのが私一人で、クラスから拍手をもらった。

私はやっぱり恥ずかしかったけど、母親が誇らしげにしてたのが嬉しかった。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする