教習所で嫌な教官に当たって試験を落とされた・・・でも私には証人と強い味方がいた!

教習所で嫌な教官に当たって試験を落とされた・・・でも私には証人と強い味方がいた!
私が高校3年の時に車の免許を取る為に教習所に通っていました。
我が家は裕福ではないので「一発合格しろ!」とのプレッシャーもあり態度も真面目に教官に文句も言わずに頑張っていました。

そんな真面目な態度に教習所の校長?かな一番エライ人に気に入られて「孫と仲良くして欲しい」とお願いされるくらいで色々、贔屓しくれていました。
その教習所の教官は良い人が多く評判も良かったんですが・・・中には嫌な奴もいます。
気に入らない生徒がいると路上で急ブレーキを踏んで試験に落としたり、罵倒したりするらしいです。

そんな奴なので落とされたら最悪と嫌っていました。
ある日、路上の最終日・・・その嫌な教官に当たりました。
2人1組になって路上に行くのですが・・・私ともう一人は直進の道路で急ブレーキを踏まれました。
で、二人とも不合格。

親にも「金が余計にかかるだろ!」と落ちた事で怒られるし・・・納得いかないので校長に相談する事にしました。
昨日、一緒に乗った大学生も連れて校長室へ。
昨日の状態を説明して話し合いをさせて貰える事に。

私「昨日の急ブレーキの意味が良く分からないので説明してください」
教官「・・・・」
私「真っすぐな道で一時停止もありませんでした。どうしてですか?」
教官「覚えていません」
大学生「僕はどうしてですか?」
しつこいと思いましたが何度も聞いたら・・・

私より前に運転した人は急ブレーキを踏まれて「すみません・・・」と言ったのですが「声が小さい」と不合格。
私は「どうして急ブレーキを踏まれたのか分からないので教えて下さい」と聞いたために不合格。

補助ブレーキを踏んだ理由は「イライラしていたから」との事で情けない顔で話していました(笑)
その後、校長先生から怒られて半泣き状態でした。

私達の不合格は勿論、撤回されて違う教官で再試験をさせてくれたので二人とも合格でした!!
急ブレーキを踏まれるような危険運転もなかった事を報告してくれたので私たちは追加でお金を払う事もなかったです。

あの教官は・・・校長に怒られて「あと2回、同じ事したらクビが減給」だそうです。
と言う話を校長室でお菓子をごちそうして貰いながら聞きました。
その後、私が騒ぎを起こした事で学生から苦情が殺到したそうで・・・どうなったのか(笑)

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする