遠ざかるに従って「おばさーん」だの「バーカ」「赤い自転車変なのー」だの低レベルな悪口を友人のお姉さんに言ってくるヤンキー

遠ざかるに従って「おばさーん」だの「バーカ」「赤い自転車変なのー」だの低レベルな悪口を友人のお姉さんに言ってくるヤンキー
友人のお姉さんの話。

お姉さんは当時高校生で自転車通学をしていた。

前方から中学生のヤンキー3人が歩いて来たんだけど、お姉さんとすれ違った途端「ポニーテールはA子(ヤンキーその1)の方が似合ってたね」

その時お姉さんはポニーテールにしてたけど、まさか知らない中学生に嫌味を言われてるとは思わず、そのまま自転車を漕いでたら、遠ざかるに従って「おばさーん」だの「バーカ」「赤い自転車変なのー」だの低レベルな悪口を言ってきたらしい。

お姉さんが「私に言ってるの?」と聞いたら「他に誰がいるんだよ」と答えた。

そこでお姉さんは自転車を放り出し3人に向かってダッシュ!

まさか戻って来るとは思わなかった3人は慌てて逃げたが、お姉さんはその内の1人を捕まえ往復ビンタをお見舞いすると「戻ってきてやったんだから、文句あんならもういっぺん言ってみな」ビンタされたのはリーダー格だったらしいがにらみ付けるばかりで何も言えず、連れの二人はオロオロしながら「は、早く行こうよ~。学校遅れちゃうよ~」と言っていたらしい。

そこでお姉さんは・・・

「相手の目の前で何も言えなくなるようなら最初から何も言うな」

と言うと小さな声で「すみません・・」と言ったらしい。

この3人は自分達がスゴイと印象づけたいのか、年上と見れば何かと絡んでいたらしい。

学年が4つ違うので知らなかったらしいが、このお姉さんはバリバリのヤンキーでおまけに陸上の選手だったのが奴らの運のつきだったw

この後年上に変に絡む事は無くなったらしい。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする