この男は未来から来たのではないのかというくらいズバズバと・・・

この男は未来から来たのではないのかというくらいズバズバと・・・
今から20年近く前の話。

その日は競馬を始めてから2度目の競馬場で、東京競馬場がある府中に来ていた。

その日は天皇賞で、自分が初めて競馬場に来たときよりも遥かに混んでいて、馬券を買うのが大変だったのをよく覚えている。

しかし、パッと見はどこにでもいそうなおっちゃんの予想が冴え渡っていた。

場内混んではいたのだが、その男はレースと馬券購入以外は、ほぼ定位置にいたので、そのおっさんが「ほらまた来た!これで4連続じゃ!」

と言った辺りから素人だった俺は羨ましくもなり、「この男は未来から来たのではないか・・・」なんて思い始めて、毎レース予想を聞いていたのだが、心の底では「そろそろ外れて馬鹿を見ないかなー」とも思ったりしていた。

おっさんが買うのは殆どが人気の複勝で、儲けもそんなになかった。

しかし、競馬は当てれば勝ち。

これだけ当てているのだから乗らないといかん。

おっさんは2レースから始めていたらしいのだが、6レースの単勝以外は全て複勝で9連勝まで来た。

今を思えば、この6レース以外は3着まで比較的人気どころで決まる堅い決着が多かったのだが・・・

とはいえ、ヒモ荒れのレースでキチッと単勝のみ押さえていたのだからすごいとは思うが。

そしてメインの天皇賞。

おっさんは最終はやらないらしく、ここまでの9連勝で儲けた約7万円くらい(多く賭けても1万くらいだったから、9連勝でもそんなにだった)を全て突っ込むらしい。

最後くらいおっさんに乗らずに(何レースかは聞いておいて乗らないで外してはいたが)自分で考えようと思い、自分なりに考えた結果、相手に関わらず勝ちきれない、まるで自分のような馬ということで、ステイゴールドの複勝に5千円賭けた。

もし、当たれば最低でも今日の負けはなくなる程度ではあったが、これが2着に入って1万5千円になり、なんとか勝って帰れたのだが・・・

話を戻すと、メインに7万突っ込んだおっさん。

「ここは堅すぎるが、サイレンススズカで鉄板!7万入れたって1万は軽く増えるのだから銀行レースだ!」

競馬好きの方ならご存じであろう・・・

このレースでサイレンススズカは故障を発生し予後不良となってしまったのだ。

涙目になってるおっさんを尻目に最後までレースを見続けた自分は的中の興奮で、飛び跳ねて喜んだが、周りは騒然としている人が大半いたため、冷たい目線で見られたのだろうと、振り返って思う。

落胆しているおっさんに「初心者が言うのもおこがましいですが、これが競馬ですよ」とだけ言って帰宅。

あのときは少し調子に乗ってざまあとも思ったが、馬の気持ちを考えると素直にそう思えない気もする・・・

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする