チラシ配りの時に、ホストのようなチャラ男2人に馬鹿にされ、殴ってやろうと思ったが・・・

チラシ配りの時に、ホストのようなチャラ男2人に馬鹿にされ、殴ってやろうと思ったが・・・
新宿でカラオケのバイトをやっていた時の話。

お客さんの呼び込みの為に、外でチラシを配っていた時に、ホストのようなチャラ男2人と、その客のような女2人が歩いてきた。

俺が「お願いしまーす」と言って渡そうとしたら無視。

だが、これはよくあることなので気にしない。

そしたらホストの一人が「ごめんごめん、やっぱり一枚くれる?」とにこやかに言ってきた。

「あ。どうぞ!」とにこやかに渡す俺。

すると、そのホスト噛んでたガムをチラシにぺっと吐き、くしゃくしゃにして俺に投げつけた。

爆笑するツレ共。

〇〇君、ヒドーイとか笑いながら、歩いて行くのを俺はめちゃくちゃムカつきながら見送った。

ぶん殴ってやりたかったが店のジャンパーを着ていたため、店に迷惑がかかると思って堪えた。

その時、タッタッタと軽快な足音が聞こえ、あっと思った時には、そのホストの脇腹にドロップキックしてる奴がいた。

身体が「く」の字になり吹っ飛ぶホスト。

女の悲鳴が響き渡る。

「なに、やってんだよ!」とすごむもう一人のホストの前にいたのは、俺の働いていた店の同僚。

それだけでなく、ライバル店のスタッフ達もやってきて「俺らのことナメてんの?」結局すごすごと退散したホスト達。

集まったライバル店の人達もみな笑いながら散っていった。

俺涙腺弱いから、嬉しくてすげー涙ぐんじゃったよ。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする