誰も居ない車両なのに、わざわざ前に立って「ねぇ。こっち見て」と声を掛けてきた。

誰も居ない車両なのに、わざわざ前に立って「ねぇ。こっち見て」と声を掛けてきた。

都内休日の早朝、地下鉄での出来事。

周りには誰も立っても座ってもおらず、車両に私一人という状況。

そこに車両移動して歩いてくる人がいた。

私は携帯を弄っていて、とくにその人には目もくれずにいたんだけど、周りの席が全て空いているにも関わらず、その男は私の前に立っていたのが、携帯に集中していてもよくわかった。

そして、その男がいきなり・・・

「ねぇ。こっち見て」と声を掛けてきた。

すると、ズボンのチャックを開けて、さらに奥からソコソコな状態のスッポンが頭を出していたのだ。

一瞬唖然としたけど、すぐに「気持ちわるっ!」と発して車両を移動したのだが、証拠として写メでも撮っておけば良かったと後悔した。

もし次にこんなことが起きたら・・・

と月に数回早朝地下鉄に乗ることから、身構えていたら、最早忘れかけていた半年後くらいに恐らく同じ奴が(普通に考えたら、こんなことする人間なんてごく少数だから間違いない)、以前私にやっていたことを忘れているのか、前回と同じセリフを言ってきた。

今度は写メと同時にその男の股間を蹴り上げた。

物静かそうに見えたのかもしれないが、私だってやるときゃやる。

倒れて悶絶する男を尻目に車両を後にした。

次やってきたら本当に警察に突き出してやるからな!

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする