小学校低学年くらいの女の子相手に不機嫌そうなおばさんが、座りたいのか女の子の前に立ち説教を始めた。

小学校低学年くらいの女の子相手に不機嫌そうなおばさんが、座りたいのか女の子の前に立ち説教を始めた。
電車に乗ってたら、ランドセルを背負って重そうな手提げ袋を両手に持った、小学校低学年くらいの女の子が乗ってきた。

車内は空いていたので、女の子は私の目の前の席に座り、荷物を脚の間にはさんだ。

次の駅では大勢の人が乗り込んできて、立ち乗りの客もでてきた。

私の横にも不機嫌そうなおばさんが立ったと思ったら、おばさんはいきなり女の子の手提げ袋をひったくり、網棚にのせて「子供は立ちなさい!」と怒鳴り、驚いている女の子の腕をつかんで立たせてランドセルもひっぺがして網棚にのせ、無理矢理席を奪ったあげく「アナウンスくらい聞けないの?荷物は網棚に置くのよ!」と説教した。

周囲は何が起きたのかわからず、皆びっくり。

すると私の連れ(カナダからの留学生、日本語ペラペラ)がおばさんに向かって「小さな子供とはいえ他人を無理矢理立たせて自分が座るなんてどういう神経だ。

そんな元気があるなら立っていろ。

だいたいこんな高い網棚に子供の手が届くわけないだろうが。

さあ立て、子供に荷物と席を返せ!」と言った。

おばさんはみるみる赤くなり、何かモゴモゴ言いながら別の車両に移っていった。

連れは女の子に荷物を取ってやり、元通り座らせた。

その後、なぜおばさんに注意しなかった、あんなのを野放しにしておくから日本は少子高齢化が進むんだと説教された。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする