通っただけでも呪われそうなオカルトストリート

通っただけでも呪われそうなオカルトストリート
今年の夏の出来事です。

私の親戚は田舎で静かに暮らしていたのですが、数年前に近くに新たな路線が開通。

それに伴って、親戚宅近くの河原がレジャースポットとして人が集まるようになり夏になると、駅・河原間の最短ルートになっている親戚宅前の路を大勢の人間が往来して河原にゴミ捨て場が無いせいか、路に面した親戚宅庭に心無い人達がゴミを捨てていくようになりました。

親戚も色々防止策を実行しましたが効果なく、役場に相談しても打つ手無しでした。

その事を知った私は、同じようにゴミの不法投棄に悩んでいた場所で鳥居を模したオブジェを設置したらバチを恐れてか不法投棄が減ったというニュースを思い出し、真似してみることにしました。

私は美大の造形科生なので、どうせならもっと効果ありそうな物をと思い、学内に遺された先輩達の失敗作品や、廃材を利用して地蔵っぽいオブジェとそれを祭る祠を作ることにしました。

更に事情を知った同期生や教授までもが面白がって協力してくれた結果、ホラー映画にでも出てきそうな怪しげな地蔵+祠が7セット完成しました。

7月にそれ等を設置に親戚宅へ。

同じような被害に悩んでいる近隣住人の協力を得て広範囲に渡ってオブジェを設置することが出来ました。

その結果、親戚宅前の路はゴミ捨てどころか、通っただけでも呪われそうなオカルトストリートへと変貌しました。

結果としてゴミ捨てはほとんど無くなりました。

それどころか、より効果を出すために、オブジェに千羽鶴を吊るしたり、線香や蝋燭を炊いたりしたところ、観光客が河原で遊び終えて帰る夕刻頃には、本気で何か出そうな雰囲気になり人通りが激減。

お陰で元の静かな生活が戻ってきたようです。

欠点としては、地域住人から「怖い!」とクレームが入ったとのこと(後に事情を話して和解)。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする