リーマンが顔真っ赤にしながら憎しみを込めて睨みつけてきたが「えー、一体何のことやら僕にはさっぱりですぅー」

リーマンが顔真っ赤にしながら憎しみを込めて睨みつけてきたが「えー、一体何のことやら僕にはさっぱりですぅー」

高3の頃、俺は強風程度で遅延してしまうで有名な軟な路線を利用していた。

その日は春一番か何かでダイヤがグチャグチャになっていた。

普段のラッシュ時の倍くらいが乗っててすし詰めどころじゃない。

途中乗ってくる人は山程いるけど、都会に向かって行く電車だから、逆に降りる人はあまりいないから車内はどんどん酷くなっていく。

俺は始発駅から乗って(それでも座れない)電車の奥の方に立っていたんだが、終点のいくつか手前の駅で前に座ってた大学生っぽい兄ちゃんが降りようとしたんだ。

周りの人が一緒に一度降りてあげないと兄ちゃんも降りられないから、俺はドアの方に進もうとした。

しかし、俺の隣、ドア寄りに居たリーマンがまったく動こうとしない。

とりあえず「すみません……」と言ってみたものの聞こえてないのか聞く気がないのか。

軽く突いてみても効果無し。

どうやらテコでも動かないつもりらしい。

イラついてるのはわかるが周囲のことも考えて頂きたい。

もう急がないと兄ちゃんが降りられない。

「まったく自分勝手な奴だな!」と、俺もぶちっと来たので強制執行。

自己中リーマンを思いっきり押す。

無理矢理、ぐいぐいーっと。

リーマン、肘鉄を返す。

知ったことかと押し返す。

さらに反撃を食らうが押す。押しまくる。

あっという間にドアまで辿り着き、とどめだと言わんばかりにちょっと強めに突き飛ばしてやった!

リーマンが顔真っ赤にしながら憎しみを込めて睨みつけてきたが

「えー、一体何のことやら僕にはさっぱりですぅー」

って顔で知らぬ振りをする俺。

何か言ってきたらこう返してやろう、もし殴られでもしたら即警察でも呼んでやろう、とか考えていたが、結局何もされず、終点に着くまで睨みつけてくるだけだったから涼しい顔でスルー。

顔自体は合わせなかったが、地下だから俺を憎らしげに睨む顔は窓ガラスに映ってるから丸見えなんだよwwwざまあみろwww

駅について落ち着いてから「少しDQN過ぎたかな……」と反省したけど、例の兄ちゃんも何となく事情を察してたみたいで、電車を降りた後に微笑みながら軽くお辞儀してくれたから個人的にはスッキリした。

でもリーマンと一緒に押し出しちゃったと思われる他の乗客の皆さんには本当に申し訳ないことをしたな……ごめんなさい。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする