「あんたも強く出な。あんなおばさんなんて口だけなんだからさ」

「あんたも強く出な。あんなおばさんなんて口だけなんだからさ」

以前、仕事で心がすっかり参ってしまって、とにかく人込みが怖くてたまらなかったことがあった。

でも、ある日それじゃいけない、と人込みに行ってみることにした。

街中の交差点を渡っていると向こうからよそ見しながら斜めに渡って来る女性とぶつかってしまった。

「すいません」とあやまっても許してくれず頭ごなしに怒られ、しかも「ったく」と歩いて行こうとしたので内心、ほっとしてこっちも行こうとしたら「待ちなさいよ」と呼び止められ、結局ガンガン怒られた。

背筋がすーっとして周りが歪んで来る。

倒れそう、と思った瞬間「ってかうぜえよ」と言う声が見るとチャラチャラした男が二人いた。

「おばさん(女性)さぁ、自分がよそ見しながら斜めに渡って来たくせに何、その人怒鳴るの?意味わかんねえ」

「自分が偉いとでも思ってんの?ありえねえし」

その言葉に女性はチャラ男たちにつかつかと寄って来て、「大人に向かって何て口を!!」

それに「だったら大人らしくしろよ。交通ルール守ってさ」

聞いてた周り数人から拍手が起こった。

二人は怒鳴る女性を無視して私の所に来ると「あんたも強く出な。あんなおばさんなんて口だけなんだからさ」

あれから数年。

ようやく具合も良くなってきて、このことがキッカケだと思い出して記念カキコ。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする