彼女は家事手伝い=お嬢様と思っているらしい同級生A。そのうち私を貶し始めたが・・・

彼女は家事手伝い=お嬢様と思っているらしい同級生A。そのうち私を貶し始めたが・・・

先日、高校の同窓会があり、10年ぶりの再会を喜び合った。

しばらくすると近況報告となったが、その中に短大卒業後家事手伝い中の子、Aがいた。

彼女は家事手伝い=お嬢様と思っているらしく、他のOLなどフルタイムの子たちにはさすがにあれこれ言えないけれど、パートの私のことを散々にけなし始めた。

しかし私はパートだが、家業の手伝いもしている。

そして体調も崩しているので、なかなかフルタイムで働けない。

それを言うと言い訳にしかならないので、「そうねそうね」と相槌を打っていた。

周りも事情を知ってる子が止めてくれたが、Aはしまいには私をニートと言い始めた。

そこに輪に入って来たBが「Aちゃん違うよ」と言って来た。

「私さんは家業手伝いよ。家業っていうのは一人では出来ない仕事だよ。パートでもちゃんと別にお仕事持っているんだよ。偉いよ」

ぽんっと肩を叩かれ、私は思わず照れた。

続けてBは「Aちゃん、家事手伝いってさぁ、仕事じゃないよ?だって多分、家事ってお母さんがやってるだろうけど、それの手伝いでしょ?家事なんて一人で出来るものよ。それともお母さんは手伝いが必要なほど病気なの?」大丈夫?と聞かれ、Aは顔を真っ赤にして去って行った。

思わずみんな拍手していたらBは「そう言う私は無収入なんだけどね」と笑う。

彼女が医者だと聞いていたので、不思議に思うとBはあっけらかんと「アフリカでボランティアで医療活動やってるの~。同窓会だから帰って来たけど、また明日から行ってきます!」

昔からさりげないところでかっこよかったBだが、なおさらにかっこよく思えた。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする