人の家の庭には車は止めちゃダメなんだよ?

人の家の庭には車は止めちゃダメなんだよ?

我が家の近くには徒歩数秒の所に郵便局がある。
駐車場は入り口の近くに2台、奥に6台ほど止められる。
郵便局を利用する人は入り口の2台が埋まっていれば奥に止めればいいのに、ほとんどの人が路駐をする。
路駐禁止の看板もあるけど、利用者はスルー。

郵便局の近くに住む住人は歩いて郵便局に行くわけですが・・・誰かが勘違いしたようで我が家の庭に車を止めて歩いて郵便局に行く人がいるみたいです。

ある日、友人と出かけるので有給をとり家で準備をしていました。
準備ができ庭から出ようとすると入れ替わりで車が入ってきました。
不審に思って車を止め「何か用ですか?」と車から出てきた年配の女性に声をかけると「ニコッ」と笑うだけでスルーそのまま歩いて行ってしまいました。

人に家の庭に止めるって何?誰?となり父と母に電話をしてお客様が来る予定はないか?などを聞きましたが「知らない」との事。
なので、私はその年配の女性の車の後ろに自分の車を止めて家に入りました。
友人には事情を言って予定時間を少し遅らせてもらいました。

30分位すると外がガヤガヤ、さらに1時間たつと「ピンポーン」とインターフォンが。
出てみると警察の方でした。
「あちらの女性が車を出せなくて困っているそうです、嫌がらせをされていると通報がありましたあの車は誰のものか知っていますか?」と。
「嫌がらせ?車?」
「若い女性がわざと車を後ろに止めていったそうで」

年配の女性の主張は「この家(私の家)の人に止めても良いって言われたのに若い女性(私)が不法侵入して先に止めてて、私(年配の女性)が車を止めたのを見て嫌がらせで後ろに止めた」と。
「私がここの住人ですが車を止めてもいいと言った覚えはありません」と玄関から外に出るとさっきの年配の女性が。
「若い女性は私ですよね?自分の家ですから不法侵入ではありませんし、御用ですか?と聞いた時に何も言いませんでしたよね?」と声をかけると、かなりビックリした顔になり警察に嘘八百並べていたのがピタリと止まりました。
警察の方も「ん?」となり私が事情を説明。

「不法侵入というならば、あなたですよね?」
「郵便局の駐車場が・・・いつもは誰も居ないみたいだから・・・」とモゴモゴ。
郵便局の駐車場問題は警察の方も知っている事なので年配の女性はガッツリ怒られていました。
「見回りを強化します!!」と私登場から10分後くらいに帰られました。
たまたま、私が家に居て災難でしたが・・・人の家の庭に車を止めるのはやめましょう(笑)

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする