母がうどんを打っていたとき、 いつものように祖母が「そんなぐちゃぐちゃなもん、日本人なら米食え」とケチつけてきた。

母がうどんを打っていたとき、 いつものように祖母が「そんなぐちゃぐちゃなもん、日本人なら米食え」とケチつけてきた。

実母がかつて同居してたトメ(私からすれば祖母)にやったこと。

祖母は実母のやることなすことにいちいちケチつけてくる。

孫の私たちには「こんなこと言わせる母ちゃんが悪いんだ、だからあんたたちは私のいうこと聞け」と言い放つ。

そんなある日、炊飯器が壊れた。

父のリクエストで母がうどんを打っていたとき、いつものように祖母が「そんなぐちゃぐちゃなもん、日本人なら米食え」とケチつけてきた。

父が〆ようと何か言おうとしていたとき、母が一言。

「大丈夫ですよ、お義母さんのひんまがった口に合ううどんは打ってませんから」

それ聞いて祖母は顔赤くしてムッキー!してたけど、父が「ということで母さん、現代人で昔のやり方を知らない俺らはうどん食べるから、母さんは自分の分だけ米炊いてね。あ、豊富な知識持ってる母さんなら、炊飯器無くても炊けるよね?」

同居と同時に家事全てを父母に押し付けた祖母、料理の仕方をすっかり忘れてたから、結局米を炊けず、その後はこちらを睨みながらおかず(でも納豆とか漬け物とか、調理しなくて済むものばかり)だけ食べてた。

実母特製うどんが送られてきたので、それで思い出してみました。

旦那が待っているのでうどんを茹でてきます。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする