迷惑な母親は「怒らない教育してるんです!怒らないで!」と勝手なことを言い出した。

迷惑な母親は「怒らない教育してるんです!怒らないで!」と勝手なことを言い出した。

スーパーに買い物行ったときに、騒ぎながら走り回り野菜とか果物をいじり回る馬鹿な小僧がいた。

その母親らしき女性はアラアラしょうがないわねえと言っただけで、そのまま放置。

周辺の人もイラついてたとき、そこにいたニーチャンがゴルァした。

すると迷惑な母親は「怒らない教育してるんです!怒らないで!」と勝手なことを言い出した。

ニーチャン「テメエの教育方針は俺には関係ない。大体、他人に迷惑かけてるんだから、教育できてないんじゃねえか」

その一言を聞いていた周辺のお客、ウンウンとうなずく人やエア拍手する人も現れる。

世界が自分の味方でないことを悟った迷惑な母親は「なによ!」と吐き捨てニーチャンに突進。

おそらくすれ違い様に肩でもぶつけようとしたんだろうが、ニーチャンはバレリーナのごとく回転防御でスルー。

勢い余った母親はズサーと転び、まるでコメディでも見ているかのような感じでキャベツの段ボールに激突した。

失笑やクスクス笑いを背に、迷惑マザーは逃げて行き、平和が訪れました。

ただ、「失笑やクスクス笑い」の1/3は、ニーチャンが回転防御後に見得を切っていたせいだと思うが。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする