「貯金はいくらだ?」とある程度金を持ってれば考えたらしいのだが、奴は随分と正直に「30万です!」

「貯金はいくらだ?」とある程度金を持ってれば考えたらしいのだが、奴は随分と正直に「30万です!」

自分はかつて羽田空港で7年間働いていた元職員です。

力仕事で毎日辛いなか長年頑張っていたのだが、晩年は仕事を辞める直接的な原因ではなかったけど、少なくとも辞める理由の一つであった嫌いな同僚が4年経った今、まだ仕事を続けている先輩から聞かされた話。

その元同僚の嫌いな奴は、自分よりも当然後に入って来た後輩ではあるが、年齢だけは一つ年上。

だからタメ口なのは全然構わないのだが、仕事を覚えると、要領良くやってるつもりなのだろうが、かなりスピードも速いが、手もかなり抜くのだ。

そして、その日のリーダーでもないのに、常に上から目線で一緒にやってる奴の殆どが大迷惑して愚痴りまくっていた。

さらに、もう一つ嫌だったことは、奴がいる周辺は、狭い事務所内で数十分充満し続けるほど臭いというワキガみたいな臭さといういらないおまけ付き。

1週間に1回は誰かと口げんかや揉めたりしていたほどのトラブルメーカーだったにも関わらず、俺が辞めた後も2年近くいたというから驚きだ。

とっとと辞めて欲しかったのだが、自分が先に離脱し、つい先日、先輩から情報を聞いた。

かなり本題へ遠回りしてしまったが、奴は俺が辞めた後、ターミナル内のユニクロの店員さんに一目惚れしたらしく、アタックし続けていたら付き合うことに成功したらしい。

因みに顔は可も無く不可も無くってくらいである。

そして、結婚もしていないのに妊娠させてしまい、そのまま彼女の両親に結婚すると挨拶に行ったら、当然ながらその両親から怒られる。

とりあえず妊娠させてしまったことはしょうがないと思ったらしく、彼女の父親が「貯金はいくらだ?」とある程度金を持ってれば考えたらしいのだが、奴は随分と正直に「30万です!」とたった30万でドヤ顔したかまではわからないけど、そのまま父親にボッコボコにされたらしく、当然ながら別れさせられた。

そして、傷心した奴はそのまま仕事をバックレてしまったみたいで、何日かして社員が奴の家に訪ねていったところ、この上記の説明を受けて傷心中で働く気も無いと言われて、呆れて帰ったそう。

戻ってくることなく辞めたそうだから、ざまあみろだわw

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする