公園住人(ホームレス)のおじさん「近くに女が住んでいて、会いにいきたいけど小銭がなくて。電車賃かしてくれない?」

公園住人(ホームレス)のおじさん「近くに女が住んでいて、会いにいきたいけど小銭がなくて。電車賃かしてくれない?」

友人が公園でギターの野外演奏をしたときの話です。

演奏を終えて、おひねり入れの紙コップの中身を財布に入れ、荷物をまとめて駅に向かって歩き出した時、公園住人(ホームレス)のおじさんが近づいてきて言いました。

「近くに女が住んでいて、会いにいきたいけど小銭がなくて。電車賃貸してくれない?」

電車賃貸して、というのはお金をせびりたいときの常套句で、もちろん返してもらえることはないのですが、友人もそれを知っているので無視するだろうと思っていたら、「いくらいるの?」「240円?」とか会話しながら、財布からおひねりでもらった小銭を数えて渡してあげてました。

それから友人がおもむろにおじさんの肩に手をおいて

「女には気をつけなさいね」

「それからね、あなたは今はそういう生活をしているけど、いつまでもそういう人生じゃないからね。日本刀を作るところ、見たことある? 熱い火で焼かれて、冷たい水に入れられて、また焼かれて、繰り返しますね。でも最後に立派な刀になる。あなたも、いろいろあるだろうけど、最後には良くなる」

そして、じゃあね、といって立ち去りました。

おじさんは、ポカーンとその場に立って見送っていましたが、やがて走り寄ってきて、「いい話を聞きました。そんな話をはじめて聞きました。ありがとうございました。ありがとうございました・・・・」

おじさん、涙目でした。

ちなみに友人は外国人です。

外国人から日本刀の作り方で説教されるとは、おじさんもかなり珍しい体験したと思います。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする