あのコトメになんの対応もできないようでは、たったひとりの孫のことは諦めてもらうしかない。

あのコトメになんの対応もできないようでは、たったひとりの孫のことは諦めてもらうしかない。

この盆になぜかコトメがトメ連れて我が家に来襲。

来るなっていったのに居座り、対応は旦那に任せて放っておいた。

私が娘のピアノの練習を見ているときに、コトメがなにを思ったんだか、いきなりピアノのふたをがんって閉めやがった。

咄嗟に私が娘の手を引いて無事だったけど、あのままだったら娘の手が潰れてたかも。

頭にかーっと血が上っちゃって、娘の前だって言うのに「このバカ女!貧乏家庭に育って習い事もろくに出来なかったからって娘妬んで嫌がらせすんのもいいかげんにしろや、ゴルァ。てめーのその芋虫みたいな指つぶしてやろうかゴルァゴルァゴルァ」してたら隣の部屋でトメの相手してた旦那も駆けつけてきた。

「この女が娘の手をつぶそうとした。ピアノの蓋をいきなり閉めるなんて悪意以外の何があるんだゴルァ」してたら旦那もびびったのかトメとコトメを車に積んで義実家に送還。

二度とやつらにはこの家の敷居はまたがせない約束をとりつけた。

義実家に娘が行くときも2度とないだろう。

娘の前だから手出しは控えたが、コトメには、2,3発くれてやってもよかった。

トメは悪い人ではないが、あのコトメになんの対応もできないようでは、たったひとりの孫のことは諦めてもらうしかない。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする