「何で俺が車道の方まで避けて車にぶつかるかも知れないリスクを背負わなきゃなんないの 」

「何で俺が車道の方まで避けて車にぶつかるかも知れないリスクを背負わなきゃなんないの 」

歩道のない道路で自転車に乗っていたら、前から高校生6人のチャリ集団が右側通行しながらやってきた。

俺は左側通行していたので、さらさら避ける気もなく、そのまま左端を走っていたが、近づいてきても馬鹿高校生どもはオシャベリに夢中なのか避けようとしない。

こりゃプチチキンレースだなと思いながら、俺も更に左端に寄ってそのまま進んだ。

あーこのまま行ったらぶつかるかなとブレーキに手をかけた瞬間高校生一人が気づき、慌ててブレーキ&急ハンドル。

で避けたヤツが隣のヤツにぶつかり、更に後ろ2台を巻き込んで転倒(内心ざまあ)。

俺の後方からきた車が急ブレーキ。

最初に避けた高校生が「あっぶねーなー 避けろよ!」と言ってきたので、「アブねーのはお前らの方だろ!右側通行に並列走行。何で俺が車道の方まで避けて車にぶつかるかも知れないリスクを背負わなきゃなんないの。リスクを負うんだったら違反しているお前らのほうだろ!」

と一気にまくし立ててやった。

ところが他の高校生が「ウゼーよ オメーが避けりゃいいじゃねーか」と言ってからんできた。

すると、後ろの車からごっつい体をした坊主頭の二人組がやって来た。

こりゃマズイ人達かと思ったら二人組は高校生どもに向かって・・・

「ゴルァーそこの高校生。何偉そうなこと言ってんだ。悪いのはお前らだろ!轢かれなかっただけありがたいと思え!」

それでも高校生ども不満そう(俺は結構勇気あるのねと思った)にしていたら二人組は

「そんなに不満か?なら今から一緒に来るか・・・署まで」だと。

高校生どもはそそくさと左側へ渡って走り去っていった。

二人組は「あんまり無理するなよ。最近の若者は何するか解かんないから」

と21歳の俺に言って去っていった。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする