奥様方の喧嘩にBBAが仲裁、まさかの背中に○○○の彫り物が!

奥様方の喧嘩にBBAが仲裁、まさかの背中に○○○の彫り物が!

旦那が関連企業に出向になり転勤になりました。

私は、転勤先の人間関係作りに失敗。

旦那の会社の同僚の奥さんであるAさんからは完全に格下認定。

Aさんグループには、毎日のようにコソコソと笑い物にされていました。

子供の託児から、お茶会の場所や食べ物の提供、慣れないハンクラで子供の園グッズも作らされる始末。

その上、ブスとか気が利かないとか、その園グッズも可愛くないとか言われまくり。

私は学生の頃もず~っといじめられっ子でしたし、ああ、ここでもいじめられっ子なんだなーと半ば諦めていました。

そして、会社の懇親会?的なものに出席したが、そこでも下僕扱い。

その私の下僕っぷりを見かねた見知らなぬ和装のおばあさんが、Aさんグループに軽くお説教を始めた。

その上で、「奥さん同士仲良くする事が、旦那が思い切り働くために大切です、どうかおねがいします。」

と言って、頭を下げてお説教を締めた。

正直、私としてはいたたまれない。

Aさんも表だっておばあさんに反論はしないものの、イラっと来ているのは誰の目にも明らか。

あーー後でとばっちりが私に来るなぁ、BBA余計な事すんな、って思ってました。

和装のおばあさんは最初は物腰も柔らかく丁寧にお説教していたのですが、だんだんAさんグループの奥さんたちが逆ギレし始めて、売り言葉に買い言葉状態。

つかみ合いの喧嘩になってしまったのです。

この時は本当に余計な事しやがって・・・このくそBBAと思っていました。

最後にお婆さんがもろ肌脱いで背中を出すと、そこには見事な桜吹雪の彫り物が・・・

もう懇親会はめちゃくちゃの大騒動のうちに幕切れとなりました。

後日、うちの旦那と同僚のAさん他は、事の顛末を報告せよと事業本部長から呼び出しがあったそうで、指示どおりに本部長室に行ったそうです。

事業本部長は支社副社長から本店の本部長にもどったヤリ手の女性重役だったそうで、Aさんらは懇親会の騒動について、私と入れ墨者の老婆が元凶であると報告したそうです。

うちの旦那が「それは違います」という申し開きを言おうとしたところ、その女性本部長がおもむろにこちらを向いて・・・

「おうおうおう、さっきから聞いてりゃ言いたい放題じゃねぇか」

「てめぇらが四の五の言おうと、この桜吹雪が全てお見通しだっ!」

と言わんばかりのモノを見せてきたそうです。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする