社会の時間、担当の先生が全身青あざだらけで入ってきた。俺は当然のように事情を聞くと、エラい事故に遭遇していた。

社会の時間、担当の先生が全身青あざだらけで入ってきた。俺は当然のように事情を聞くと、エラい事故に遭遇していた。
今日は学校でいつものように授業があった。

3限目の社会の時間、担当の先生が全身青あざだらけで入ってきた。

俺「先生どうしたんすかッ!?」

話の内容はこう・・・

聞いた内容そのまま覚えているつもりだが、念のため箇条書きでもメモったこともあって、ほぼ鮮明な内容のはず。

土曜日、先生は自分の自宅の近くの道を歩いていた。

先生のすぐ後ろでは、小学2年生ぐらいの子供を連れたお母さんが歩いていた。

その道の横のほうでちょうど工事やら何やらで角材を塀の上に積み上げていた。

その角材が風で飛ばないようにと、角材の上にコンクリートのブロックを乗せていたらしく、その角材を持っていくためにコンクリートをどけた瞬間、角材とコンクリートが音を立てて崩れていき、先生と親子の真上から降り注いで、すかさず先生はその豪腕でコンクリートを弾き飛ばし子供の上にかばうように覆いかぶさって静まった後何とか助かったらしく、お母さんのほうは怪我はなかったらしく、親子ともに泣きながらありがとうありがとうといっていたらしい。

そしてすぐそこの工事の監督が来て、10万円の札束を渡して、先生はそのまま緊急入院(10万じゃ足りねーよ(‘`♯)

その先生は、めちゃめちゃガタイがよく、筋力がものすごい先生で、病院で医者に「普通の人だったら腕の骨這い出してきてましたよ」だとかいわれたそーな・・・

あ~、そのとき警察みたいな感じの人がそのことを記録していたらしく、もしかしたら表彰or新聞に出るかもしれないので、もしも新聞だされたらうpしますので楽しみにしていてくださいな(一番最初にネタって言ったやつのあごを落としてやる(‘`*)

あ~おったまげた

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする