義兄のアホ息子(12歳)がうちの娘(6歳)にボディーブローかまして泣かせやがった。

義兄のアホ息子(12歳)がうちの娘(6歳)にボディーブローかまして泣かせやがった。

長男教マンセーの義実家。

マンセーするだけで特に被害も無いので、たまには娘の顔を見せに行ってた。

それで当時義実家にお邪魔したら、義兄のアホ息子(12歳)がうちの娘(6歳)にボディーブローかまして泣かせやがった。

頭にきてそのアホ息子に説教したら、アホ息子はウトメの後ろに逃げ込みやがる。

ウトメがアホ息子を叱るかと思えば・・・

「男の子はこのくらい元気な方がよい!」

「なあに?娘ちゃんが悪いんじゃないの?」

「ちょっと腹を触られたくらいで大げさな」

「これだから女は」

「馬鹿が跡取りに逆らうな」

とか信じられないような発言がポコポコ飛び出した。

あげく、人を罵るのに興奮してきたのかアホ息子の「もっとやれ~」という声に従ったのか、こちらの頭まで叩き始めた。

それでもう頭が真っ白になっちゃって娘を抱きしめて「この子を守らなきゃ!」ってずっと思って固まってた。

そしたら、それまでコタツで猫とじゃれてた義弟が立ち上がってウトのみぞおちに手加減無しのストレートを叩き込んだ。

吹っ飛んで「っぇげ..げっげっげっげっ」とか壊れた玩具のようになるウト。

床でのた打ち回って跳ねてた。

義弟は、呆然として動かないアホ息子の頭にアイアンクローをかけると

「おい小僧、あそこで跳ねてるカスをどう思うよ?あぁ!!?」とかDQNまっしぐらな説教を始めた。

20分くらいアイアンクローで説教されたアホ息子はその後、私と娘に謝罪してきた。

よっぽど怖かったらしくズボンが濡れてたw

その後、義弟に感謝をして庭仕事をしていた夫を引っ張って脱出した。

義実家から出るときにまだウトは「げっげっげっげっ」っていいながら吐いてた。

トメは部屋の隅っこでガタガタ震えながらお経を唱えてた。

ここまでが昔の話。

その後夫婦ともども義実家から絶縁して平和だったんですが、先日、生前に良くしてもらっていた大トメの葬式でウトメと5年ぶりに会った。

3年前に交通事故で期待の長男家族を失ったウトメは別人のようにやつれていた。

ウトメは現在、義弟の稼ぎに頼って細々と暮らしているようで義弟に頭が上がらない。

ウトメが葬式の席で私に文句を言おうとしても義弟と夫が全部防いでくれた。

義弟がウトメに「お前は俺が黙れといったら黙るし、死ねといったら死ぬんだよ!カスがっ」

といってからは何も言わない。

大トメと最後のお別れも出来たし、もうウトメと関わることは無いのかな・・・

心残りはウトメを野放しにしないように独身を貫いている義弟。

いつか幸せになってほしいです。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする