ココ山岡からダイヤを購入したのだが、すぐに我に返り・・・

ココ山岡からダイヤを購入したのだが、すぐに我に返り・・・
平成9年。ココ山岡の商法が破綻した。

ココ山岡といえば、100万円クイズハンターとかで有名になったから知っている人も多いであろう。

そのココ山岡商法というのが「5年経ったら買い取った値段で買い戻す」というものだった。

私は平成3年にこの商法によってダイヤを購入していたのだ・・・。

ある休日。ショッピングを楽しんでいた私はココ山岡の前を通り過ぎようとしていた。

黒いワンピースを着たおねいさんに「どうです?ご覧になって行きませんか?」と呼び止められる。

私は宝飾品には全く興味が無かったが、「まあ見るだけならいいか~~」と軽い気持ちで店内へ入って行った。

実際食品検査業なので、指輪なんかはご法度!絶対に買わないもーん!と意気込んで。

しかし、2時間後・・・

私は店員3名に囲まれていた。

みんな1カラット以上のダイヤを身につけている。

「5年ローンで支払っても月々1万よ!ボーナスで12万でしょ~~!それにミンナコレくらいのダイヤ持ってるんだよ!5年経ったら買い戻すんだし。絶対損はないよ!」と執拗に。

もう私も疲れて「ああ そんなら買い戻してくれるんだし。いいか 買っちゃおうっ」と今考えると信じられない心理状況になっていた。

180万円の1.1カラットのダイヤのお買い上げである。

自分のイニシャルを刻んですぐお渡し。

契約成立の粗品として高級洗剤と宝飾品を入れるピカピカ光った布で作った袋を貰う。

ちょっとせこくない?  いまいち180万もの買い物をした気がしない。

家に帰ってもう一度ダイヤを見る。

デカイなーこれが私のもの?でもこんなのいつ身に付けるんだ?

180万円もそこらで売ってる1000円のイミテーションも違いが分からないよ・・・

だんだん我に返ってくる。分割払いの金額を見る。

分割手数料60万円。「何っ!?!?」

じゃあ実質ダイヤは240万円の価値があるじゃないかっ!!

買い戻してくれたって60万は戻ってこない・・・!!

私はその瞬間から自分の過ちを酷く後悔することになった。

私は基本的に分割手数料って嫌い。

だからいつもニコニコ現金払い。金持ちじゃないから。

それが自分に一番ピッタリ。余計は金を払う余裕などないのだ。

かといってコレまでローンを使ってまで買うような買い物はしたことが無い(爆)

結局貧乏なのである。

速攻不安に陥った私は10枚ほどある支払い契約書の細かい字を読むことになる。

どうにかして突っ返したい!!その一念で。

10分程それとにらめっこ・・・あった。

「クーリングオフ」の字。

最近では「クーリングオフ」もメジャーになったが、その頃はこのシステムがまだ出来てそんなに経ってないはずである。

まだまだ知られていなかった。

購入して7日以内なら本人の意思で返品できるというシステムである。

ただし、商品をいちぢるしく劣化させてしまった場合は対象外である。

そのシステムを知って驚喜乱舞。早速次の日、会社がはけてから店に行った。

「え?!返したい?どうしたの~~?」お店の人は案外親切に対応してくれた。

いもしない恋人をぶったてて「彼に怒られたんです。。そんなの自分で買うなって・・・」ととても落ち込んで、今にも泣き出しそうな自分を演出する(爆)彼女達はとても同情したらしく

「そうか~~ 彼に怒られたんじゃねえ・・・」と手続きを素早く済ませてくれた。

貰った粗品も返そうとしたら「いいの、いいの!それはもうあげるから!」と言ってくれた。

私は足早にその店を後にした。

後悔はない。スッキリした面持ちで家に帰ったのだ。

それから5年して、新聞やTVで「ココ山岡経営破たん 買戻し商法をめぐって訴訟」などと大騒ぎ。

私はもう部外者なので呑気なもんである。

「ああ やっちゃったんだ~~」ってなもんである(爆)

「あんなもんに引っ掛かるなんて 馬鹿~~」とは思わない。

だって私だって実際に購入したのだ。

たまたま分割手数料を払うのが嫌で解約しただけ(爆)

ただ、「ちょうど五年目か。セーフだったな」と思った。

今考えると180万のダイヤってのも法外な金額だな、と思う。

しかも後々調べてみると、ココ山岡は独自の金額設定らしく他ではたいした金額で売れないらしいと知った。

しかし、それでもどれだけの品質かも今となっては分からない。

自分に似合ったモンを買おう。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする