虐められたらこうしろ

虐められたらこうしろ
中学1年生の時に(殴ったり金を盗んだり)ちょっかいかけてくる馬鹿がいたので、そいつの家に嫌がらせの手紙を送ったり、(そいつの)親や弟に嫌がらせをしてやった。

直接反撃するよりもダメージが大きかったらしくイジメはやんだ。

学校で取っ組み合いになっても最後まで本人に一撃も当てられなかったが、そいつの母親に後ろからカップヌードルぶっかけたのと、そいつの小学生の弟を泣くまで泥水をかけてやったのが一番スカッとした思い出。

いじめられ子が親に言えないように、そいつも犯人が俺だとわかってるくせに学校じゃそのこと言ってこなかった。

俺がいじめられてることは怪文書でしつこく報告していたので、そいつの母親もどうこうできなかったらしい。(まぁ長男がいじめをしてるらしく、次男がそのいじめられっ子にいじめられてたら精神的に参るわな)

塾をサボって、そいつの家の玄関に絵の具水(絵の具チューブを水に溶かしたもの)をぶちまけたこともある。

後に、そいつは勝手にグレて万引きで捕まって塾もやめたらしく、卒業まで俺にはもう関わってこなかった。

あの頃の俺は今では考えられないくらい行動力があったダンスィだった(小学生メンタル)よく捕まらなかったなぁ。

あのバカもこんなキチガイ(自分)にちょっかいを出したせいで後悔しただろうなw (自分は学校ではチビな卑屈君だった)

いじめは周りから嫌われて誰も助けてくれないのが辛いというのを知ったので、直接暴力で反撃するよりも、(そいつの)家族のも同じ様に周りから嫌われてるように自覚させてやった。

たとえバレても俺がいじめの被害者なのだから、周りは俺のことを一方的に悪者にできないだろうという自信はあった。

俺はチビだったので子供扱いされやすく、舐められる一方で味方も多かったし、叱られれば本気でメソメソ泣けるだろうと。

体育の授業中に竹刀で苛められたときは、本気で(計算ずく)泣きながら反撃して事態を大事にし、駆けつけた体育教師を味方に付けて(泣いてるチビ(自分)とあっけにとられて憮然とした表情のそいつ、どっちが悪い?w)

言い訳をしたせいで教師に膝を一発入れられたそいつの泣き顔は最高だったw (プライドずたずたw)

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする