ルールを守らない店には営業停止の刑だ!

ルールを守らない店には営業停止の刑だ!

日本のとある某所。

この街は高級なクラブが並ぶところで、深夜には未だに白タクがウヨウヨしている。

このクラブ界隈では、一度指名をした女性を、それ以降もずっと指名しなければならないところで、女性が別のクラブに移籍すると、キープしていた酒などを女性自身が持っていき、客はそこに店移動をするという仕組みになっていた。

白タクの件に戻るが、何故こんなにも白タクが走っているのに、殆どの店がバレずに済んでいるのか・・・

それは、店の偉い人が警察の偉い人とつながりがあり、その警察から毎回「〇月〇日にガサ入るから」という情報を聞きつけ、他の店に連絡網のように回しているため、その時だけは白タクを出さないようにと・・・まるで、ガサ入れではない状態になっているからだ。

しかし、それでも今まで警察に見つかって営業停止になった店も時々出てくる。

それは、クラブのメンバー同士での恋愛などだ。

女性に手を出して、バレようものなら、例え役職が上でも、大変なことになる。

だから店に客寄せする黒服などは店の女性とは一切口を聞けないというような暗黙のルールもあるのだ。

それ以外にも他店を阻害、営業妨害をしたりしても、当然他店からは評判が悪くなり、「あの店を潰そう」
なんて話になる。

結局どういうことかというと、ガサ入れの日に、潰したい店には連絡を入れないということだ。

こうして警察にバレての繰り返しで、悪い店には天誅が下るのだ。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする