ゲーセンの常連カツアゲ集団の主犯格をとっちめたら、カツアゲがなくなった

ゲーセンの常連カツアゲ集団の主犯格をとっちめたら、カツアゲがなくなった

自分の主戦場(自分のよく行くゲームセンターのこと)には、高校生ヤンキーの常連カツアゲ集団がいた。

そいつらは弱い者(中学生など、主に少年)を見つけてはカツアゲを繰り返すやつらで、ゲームで負けた腹いせに、その相手が弱そうと見るや、多少の青年でも容赦なく裏に連れて行き、脅していた。

ここまで行き過ぎた行動をしていれば、店員にもバレるはずなのだが、何もなく見てみないフリをしていた…

私もたまにゲーセンに行ってはいたが、そいつらにはなるべく近づかないようにしていたため、なんとかなっていた。

この前、腕っぷしには自信のある同級生に、この話をしてみたところ、「高校生のヤンキーなんて殆どが見た目だけで大したことない」と言い出した。

「なら人助けだと思って頼むよ」と頼んでみて、二つ返事でOKをもらった。

カツアゲ集団が普段からやっているゲームは乱入相手に勝てば、プレイを続けられるゲームであったため、上手い子を呼んで勝ってもらったところでその子に場所を譲ってもらい、あたかも自分が勝ったかのように見せた。

すると、まんまとカツアゲ集団がやってきた。

同級生はあまり筋肉がありそうには見えない身なりで行ったため、案の定トイレに連れてかれた。

素直に金を渡そうと見せかけ、同級生は一人をぶん殴った。

そのまま戻っていき、主犯格が来たところをすかさず、数発殴った。

トイレには微量ながら血が散ってしまい、警察沙汰に…

カツアゲ集団、同級生がこのゲーセンから出禁を喰らうことになってしまったが、元々この同級生は初めてこのゲーセンを
訪れてるくらいだから、ほぼ関係なし。

結果、ゲーセンに平和が訪れたとさ。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする