懇談会帰りに、普段から何かと元気なN君の母親が挨拶してきた。母親はN君のことをまるで把握していなくて・・・

懇談会の帰りの事。

子どもと親の顔が一致しない新一年(中一)。

普段から何かと元気なN君。

「お疲れ様でした。今後とも宜しく。」と

役員のAさんが挨拶。

「N母です。宜しく~。」と、、その時三人の保護者が一斉に「あ~っ、N君のお母さんですか~?」と。。

「えっ?何何?」とN母。

「家でよくN君の名前が出るんですよ。」と保護者。

するとN母「うちは、おとなしい子だから。」

一同ゲロゲロ~。

一瞬沈黙の中そのN母のたもうた。

「Nは静かで無口だから、心配で。」

役員そこで「いえいえ心配は要らないと思いますよ、授業中でも笑いを取る言葉を発してるみたいだし。」

N母それでも怯まず「うちの子に限ってそんな事は無い、云々。」

トドメに役員一言。

「奥様~、うちの子に限ってってのが一番怖い事ですよ~、お家で言わないだけかもですよ~」と。

嫌味。

「それでは失礼しま~す。さよなら~。」と役員達。N母「怖~っ、役員さん。」

N母!アンタの方が怖いよ!うちの子の弁当強請るわ、消しゴム貸せだの、宿題見せだの、授業中私語ばかりで叱られてるぞ!しっかり把握しろ!

よくぞ言ってくれました、役員○○さん。

元記事 https://life7.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1117125318/

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする