左手不自由なのを数年前から散々馬鹿にしてきたトメにようやくDQN返ししてきた。

左手不自由なのを数年前から散々馬鹿にしてきたトメにようやくDQN返ししてきた。

自分は数年前のとある事故で、左手が少し不自由になった。

でも、利き手ではないので、そこまで不便ではないが、よく物を落とすのと小さなものをつまむことができない。

それを知っているはずのトメは、なぜか事あるごとにわたしの左手の話をする。

アポなし凸して家が散らかってれば「片手がロクに使えない人は掃除もできないの」

小さな家庭菜園を引っこ抜いては「片手使えないんでしょ、草むしりしといたわよ」

事故以前の習慣で自然と左手を使って物を落とせば「あーあーあーあーいつになったら使えないってわかるのかしら」

数年間こんな感じなのでいいかげんイラついてDQN返ししてきた

トメ宅へアポなし凸、ごはん作りますねと言って皿割りまくる。

文句言われたら「さーせんっ(紙兎ロペ風に)」

掃除しますねと言ってタンス破壊、掃除機半壊。

また文句言われたら「さーせんっ」

草むしりしますねと言ってトメが大事にしている観葉植物引っこ抜く。

文句言われたら以下略

最後にトイレに洗濯洗剤一本ぶちこんで、逃げるようにして帰ってきた。

休みだった旦那の携帯にガンガン電話きてたけど「嫁に全部聞いた。録音も動画も見た。母さんは俺に人を馬鹿にするなって言ってたけどどういうこと」
と返してた。

多分言い訳してんだなーって思ったので旦那の電話を借りて、スピーカーにしてから代わったら「ちょっと嫁子!どういうことなの!なんで息子ちゃんが知ってるの!片手使えない不良品のくせに!」って声がリビングに響いた。

旦那が電話を奪い取り、「今のも全部聞こえた。本当にもうやめてくれ。頼むから俺たちに関わらないでくれ」と言って切った。

旦那がかわいそうなぐらい小さくなっていたので、「お母さんが関わらないでくれるならそれでいい。だけどまた突然家に押しかけてかるようなことかあったら引っ越そう」と言った。

舌の根も乾かないうちに凸してくるだろうなと思いながらそう言ったのが一番DQNかもしれない。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする