「良い歳して」と披露宴を行うことに大反対だったトメが、いざコトメの結婚が決まったとき・・・

「良い歳して」と披露宴を行うことに大反対だったトメが、いざコトメの結婚が決まったとき・・・

私が結婚するとき、披露宴を挙げる事に大反対だったトメ。

「良い歳して(当時30歳)」とか「見栄っ張り」とか、うちの親の悪口まで言われた。

私以上に夫が怒ってくれて、トメだけ外して披露宴を挙げようか?と言ってくれたが、元々私自身は、披露宴を挙げる希望は1ミリも無かったので(形式的な事に煩いという彼の両親のために挙げなきゃねって流れだった)披露宴を挙げずに入籍した。

義実家とは疎遠なままだったけど、最近コトメの結婚が決まった。

コトメはもう30歳半ば。

披露宴なんか面倒だから挙げない、新婚旅行代わりの海外旅行で二人だけで結婚式を挙げると言っている。

トメは夫に「一生に一度の事なんだから国内でちゃんと親戚を呼んで、披露宴を挙げる様に説得してくれ」と泣きついて来たけど、夫は過去の発言を思い出させ、自業自得だと言ってくれた。

コトメも、あの時は兄嫁さんにあんな事言ってたじゃない?あの時の兄嫁さんより私の方が年上だから、もっと恥ずかしいんでしょ?と言ってるらしい。

先日、とうとう観念したのか、トメから私に電話があって、申し訳ありませんでした!(←あまり反省している風ではなかった)

お願いだから、あなたからコトメちゃんに話してやって。

あなたも娘が産まれて母親になったんだから、私の気持ちも解るでしょ?

と言われたので「あの時の私の母親の残念な気持ちはすごく理解できます。」って答えたら、ガチャ切りされた。

本当はうちの母は、「披露宴?無駄無駄」って感じだったんだけどね。

今までトメに何か言われる度に、夫、コトメ、ウトが私よりも先に言い返してくれてたので、私の出る幕無かったんだ。

初めて自分でトメに言い返す事が出来て、スッキリした。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする