育児板には「ああ、小学生ダンスィよ!」という、男の子の元気溢れる行動を 書き込んでいくスレがある

育児板には「ああ、小学生ダンスィよ!」という、男の子の元気溢れる行動を 書き込んでいくスレがある

年上のいとこが2chにはまった。

小学3年生、1年生、幼稚園児の子供がいる彼女が常駐しているのは育児板。

育児板には「ああ、小学生ダンスィよ!」という、男の子の元気溢れる行動を書き込んでいくスレがある。

3人の子供全てが男子という彼女は、そこのスレがえらくお気に入りで、頻繁に書き込みをしながら楽しんでいた。

それだけならいいのだけど、私が遊びに行くと嬉々として自分の書き込みを見せたり、こんな面白いレスがあった等と子供の前でもはしゃぐ始末。

主に彼女の犠牲になっていたのは小学3年生の長男。

彼は、自分の行動を書き込まれるのが嫌らしく、何度もいとこに「嫌だからやめて」と訴えていたらしい。

だけど「大丈夫よー。誰もお前のことだなんてわからないわよー」などと言って、いとこは書き込みを止めようとしない。

「そういうことじゃないのに・・・」と落ち込む長男を見て、みかねて私もいとこに注意したこともあったけど、彼女は聞く耳持たず。

はっきりとそんなの見たくないと言っても、今回のは面白いから、面白いからと印刷までして無理矢理見せてくる。

そんなある日、いつものように例のスレを見せられていたとき、長男が切れた。

「やめろって言ってんだろ!お母さんだっていつも人の嫌なことはするなって言ってるじゃないか!俺はすごく嫌なんだよ!いい加減やめてくれよ!大体ダンスィってなんだよ!見てて恥ずかしくなるしキモいんだよ!おまけに全然おもしろくねーよ!」とまくしたてた。

いとこは自分の子供にキモいと言われたショックで、しばらく長男を唖然と見つめていたけど「お母さんに向かってキモいとはなんだ!あやまりなさい!」と逆ギレ。

「はっきり言って私もそんなの見たくないし、長男だってそりゃそんなとこに書かれたくないよ。本人が嫌だと言っているのにやめなかったあんたが悪い。あんたが逆ギレするとこじゃないよ。それに、端からみたらそういう言葉使いってすごくキモいよ。自分が好きならいいかもしれないけど、そんなの他人に押しつけないで」と私も長男を援護。

その後、すごすごと自分の部屋に戻って行ったけど、最後はいとこが長男に謝り一件落着。

彼女はそのスレをお気に入りから消した。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする