とくに欲しいものが無く、帰ろうとしたところに「入店料100円」

とくに欲しいものが無く、帰ろうとしたところに「入店料100円」
友人から聞いた話。

ある日、友人が古本屋に立ち寄って本を物色していたのだが、めぼしい物が見つからず、そのまま帰ろうとすると、つかつかと店主が近寄ってきて「入店料100円」と言ってきた。

どうやらその店はなにか本を買わないと、得意客・店主友達以外は入店料をとられるらしい。

一応店頭にもその旨書いてあるのだが、A4程度の大きさの紙のため友人は見落としてしまっていた。

店頭の注意書きが小さすぎることや、入店料をとる古書店が一般的でないことを理由に支払いを拒否しようとしたが、店主は納得せず警察を呼ぶという。

自分に理があると思いつつも、たかだか100円で警察沙汰になって時間をとられるのを嫌った友人は結局100円を支払うことにしたそうです。

ポケットから100円玉を取り出した友人は、そのまま自分の足元に放り投げ、ポカンとする店主を尻目に「そんなに金が欲しいなら、這いつくばって拾いな!ゲス野郎」
と言い放ち、明らかに店主の気分を害すことに成功。

それでも拾おうとしたところで、友人は足元の100円玉を踏みつけて「ありがとうございますは?」と店主の頭上から声をかける。

キッと睨み返す店主に向かってもう一度「あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・すは?」と畳み掛ける友人。

くやしそうな声で店主が「ありがとうございます」というのを聞いて満足した友人は、100円から足を離したそうです。

友人は100円でいいものが見れたと喜んでおりました。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする