• ・上司と残業しているとガスゥと異音 → 自分「お、なんか刺さってんな~」
  • ・【大逆転】宝くじで1等3億円を当てた友人に絶縁された。私たちがうまく反応できずにいたことや金遣いが荒くなったことへの忠告を友人は『嫉妬』だと思い込んでしまって…
  • ・可愛がっていた後輩が「先輩なんか奢って下さいよ!」と言うので俺のお気に入りだった小料理屋に連れて行ったら後輩も常連となった→その結果は予想も付かないもので…
  • ・【不幸すぎる結婚式】披露宴が進行中、新郎(ムスッ) →会場(ざわざわ…) →自分(気丈に振る舞ってる新婦がなんだか可哀想…) →後に知った事実に…
  • ・アウトレットモールで。夫『トイレいきたい』私「待っとくよ」→私「遅いな…」夫電話『事務所にいるから来て欲しい…』私「えっ?」→行ってみると…
  • ・【ゾッとした...】タクシーに乗ってきた客「運転手さん、子供いる?」運転手「ええ、2人います」客「そう... もし、いないって言ってたらさ...」
  • ・【不幸な結婚式】恩師「新婦ちゃんキレイだねー!これなら、俺が手を出してもよかったかなー?www」→ 新郎がビール瓶を投げつけ…
  • ・「完全にバレた。どうしよう… 昨日旦那が帰って来なかった。悔やんでも悔やみきれない。旦那が戻って来てさえくれれば、もう絶対こんな事しない。」だったら最初からやんなよw
  • ・俺、大学生をひきころす。警察「お咎めなし」俺「え!?」遺族「ご迷惑をおかけしました」俺「え!?」 → 今も心の中は修羅場だ
  • ・【衝撃】銀行の駐車場で落ちている封筒を見つけた。私「もしかして中身は…(ゴクリ」→中を見てみると、諭吉さんが何人もいた!震えながら運転して交番に届けた結果
  • ・玄関に手を掛けると、鍵がかかってない。俺「あれ?嫁いるのか?」→中から「やめてー!」と声が聞こえてきて…
  • ・私(しまった!旦那にウワキ現場見られちゃった…ヤバ) →旦那『ぺこ(会釈)』私(えっと…?) →帰宅後、一切のお咎めなし…これって…
  • ・車にはねられた!運転手「大丈夫ですか?」私『はい』→ 立ち上がろうとすると、急ぎ足で車に戻った運転手に、今度はバックではねられ…
  • ・痴漢を捕まえて警察に引き渡した。俺「もう安心だ。帰ろう」警察「あ、待って」→本当の修羅場が始まった…
  • ・「一瞬、何が起きたのかわからなかった…」新幹線で子連れ女が凄いことをヤリだした!!!
  • ・買ったばかりのカメラで嫁と間男を撮った。2人とも固まってはいたが、いい写真が撮れたと思う。明日は間男の結婚式なので、面白い余興のネタが出来たwwwつーか、胃が痛いwww
  • ・【閲注】病院の受付「○○さーん」女「はい」私「(どっかで聞いたような…)」→ググってみたら…
  • ・【黒い話】私「先生、私も個人レッスンしてほしいんですが…」顧問「君はかなり上達してるから大丈夫」私「…」その後…
  • ・現役刑事の義父「ぶっちゃけて欲しいんだが、実は同性愛者だったりするの?」俺「え?」→全てを白状させられ…
  • ・実家に年の離れた弟がいる。実は中学の時に産んだ私の子。父親はなんと… → 母「許してくれ(泣)」私(進学せずに育てるか…)
  • ・夜の店のサイトを見てたら、嫁を見つけた。泣きながら嫁を怒鳴りつけたら、そのまま離婚になった。
  • ・妹が私の婚約者とウワキ&妊娠。両親「譲ってやれ」私『おk。絶縁』→結婚式当日、新郎両親「え?花嫁が違う」参加者「ザワザワ」→元婚約者(真っ青)妹(号泣)結果…
  • とくに欲しいものが無く、帰ろうとしたところに「入店料100円」

    とくに欲しいものが無く、帰ろうとしたところに「入店料100円」
    友人から聞いた話。

    ある日、友人が古本屋に立ち寄って本を物色していたのだが、めぼしい物が見つからず、そのまま帰ろうとすると、つかつかと店主が近寄ってきて「入店料100円」と言ってきた。

    どうやらその店はなにか本を買わないと、得意客・店主友達以外は入店料をとられるらしい。

    一応店頭にもその旨書いてあるのだが、A4程度の大きさの紙のため友人は見落としてしまっていた。

    店頭の注意書きが小さすぎることや、入店料をとる古書店が一般的でないことを理由に支払いを拒否しようとしたが、店主は納得せず警察を呼ぶという。

    自分に理があると思いつつも、たかだか100円で警察沙汰になって時間をとられるのを嫌った友人は結局100円を支払うことにしたそうです。

    ポケットから100円玉を取り出した友人は、そのまま自分の足元に放り投げ、ポカンとする店主を尻目に「そんなに金が欲しいなら、這いつくばって拾いな!ゲス野郎」
    と言い放ち、明らかに店主の気分を害すことに成功。

    それでも拾おうとしたところで、友人は足元の100円玉を踏みつけて「ありがとうございますは?」と店主の頭上から声をかける。

    キッと睨み返す店主に向かってもう一度「あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・すは?」と畳み掛ける友人。

    くやしそうな声で店主が「ありがとうございます」というのを聞いて満足した友人は、100円から足を離したそうです。

    友人は100円でいいものが見れたと喜んでおりました。