トメ持論「痛みを味わって乗り越えてこそ母親」「お腹を痛めずに産んだ子供を可愛がれるわけがない」

トメ持論「痛みを味わって乗り越えてこそ母親」「お腹を痛めずに産んだ子供を可愛がれるわけがない」

長男教ウトメは旦那(次男)をずっとスルーしてきた。

ところが、長男が結婚の見込みが無いためか、結婚したころから旦那への過干渉が始まった。

妊娠した途端、更に干渉が悪化。

危うく同居に持ち込まれそうになったことも。

旦那としては気持ちは複雑らしく、なあなあで済まされることもあった。

ある日分娩方法について「無痛分娩も選べるらしいよ」と病院からの話を伝えたところ、旦那が鳩したらしく、翌日トメ凸。

「痛みを味わって乗り越えてこそ母親」

「お腹を痛めずに産んだ子供を可愛がれるわけがない」

など、偏見に満ちたトメ持論を長々と説教された。

「じゃあトメさんは、旦那君を無痛分娩で産んだんですね」と笑顔で返したら、やっとトメは帰っていった。

旦那は悲しそうにしてたから慰めてあげたけど、鳩行為や過干渉については〆ておいたw

これからは干渉が少し落ち着いてくれたらいいのだけれど、名付けへの口出しとか産院凸とかが心配でたまらない。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする