人は我慢の限界を超えるとこうなる物なのだろうか・・それとも私だけ?

人は我慢の限界を超えるとこうなる物なのだろうか・・それとも私だけ?

私の家の前の犬はとても吠えるのです。人が通ると塀の向こうで追いかけて行って吠え、そして、家の人が居ない時は甘え泣きが始まるのです。それも6時間もです。嘘の様な本当の話なのです。

この犬が、飼われたのは、動物園に行って里親探しをしていた子犬を見て、子供達がふざけて応募したのが始まりなのです。そして、それが何と不幸な事に当たってしまったのだそうです。
もちろん、子犬の頃は欲しくなかったと言えど可愛いので毎日遊んだり散歩に連れて行っていたみたいでしたが、暫くして大きくなると誰も相手をしなくなった様でした。

その頃からです。吠え始めたのは。

良くあんなに吠え続けられるなと関心する位吠えるのです。しかし、うるさいと思っていたのは私だけでは無かった様で、近所の人と顔を合わせると、うるさいですよね、と言う話で盛り上がりました。

そして我慢も限界に来た時に、役場に電話をして注意して貰おうと電話をした所、役場の方が苦情の電話が相当来ていて、注意はしているんですけど、と言われ、他の人の話によると、餌もまともに与えられず散歩も殆ど連れて行って貰っていないらしいと言う事でした。
呆れた私は、役場が注意して直らないなら保健所に電話をしようと思い、電話をかけると直ぐに指導に行きますと、言って直ぐ来られた様でした。
それから、色々工夫されていましたが、根本的な事をしてあげて無いので改善するはずがありません。

ある日曜日、そこの家族が留守をしていて、余りにも甘え泣きが酷かったので、連れ出して散歩に行ったのです。すると糞は下痢で、足も弱く、まともに歩ける状態ではなかったのです。可愛そうになって暫く遊んであげて連れて帰ったのですが、帰らないと足を踏ん張っているのです。
でも、黙って連れ出したので返さなくてはなりません。

それからも、近所の方が暇な時は散歩に連れて行ってた様ですが、うるさいのは治りませんでした。
保健所の方も何度も足を運ばれましたが、とうとう手放す事になった様でした。
すると、暫くして、そこの家の人があちこちで私のせいで犬が飼えなくなったと言いふらしている事が耳に入りました。

それを聞いたのが、たまたま私の誕生日で今日はゆっくり飲むぞ、と思っていた矢先にその事を聞いた私はお祝い所ではありませんでした。
祝い酒がやけ酒になりベロベロに酔ってしまったのです。そして、娘が飲み物を自販機まで買いに行こうと言うので買いに行きました。
その自販機と言うのが、その家の前を通らないと行けないのです。

そこで私は、よしっと思い、家を出た瞬間、ワンワンと大きく吠え真似をして歩き始めました。そしてそこの家の前まで来た時、「わたしのせいで、犬が飼えなくなったんだってね!悪かったわね!」と大声で叫んで壁を思いっきり蹴飛ばしたのです。

それを見た娘は慌てて私の口を押さえ、首根っこを掴んで家まで連れて帰りましたが、私は、それでスッキリなり胸の痞えが取れました。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする