ドラッグストアでのヤンママにモヤモヤ、おばあちゃんにスカーッ

ドラッグストアでのヤンママにモヤモヤ、おばあちゃんにスカーッ

近所のドラッグストアでの話です。

このお店は人件費を削り、安さを売りにしているため、たった一つの有人レジは中国人レベルの爆買いをする人たちの列で、セルフレジもエラーや割引操作の店員さんを待つため時間がかかり、行列がいつもの光景です。

ここでよく見かけるのが、ヤンママと子供達。ヤンママが買い物中は、子供達は化粧品のサンプルのファンデーションを顔に塗りまくり、鬼ごっこをしたり自由な時間を過ごしています。店員さんが少ないのを良いことに、親子でやりたい放題です。

普段は気持ちよく買い物をしたいので、少し離れた高めのドラッグストアへ行くのですが、この日は時間がないため、こちらのドラッグストアで娘と行ったのですが。

セルフレジがいっぱいのなか、一つのセルフレジで小さな男の子が、まだ会計の済んでいない袋入りジュースをべろべろ舐めながら、レジで遊んでいました。

いつものごとく、母親は子供を遊ばせゆっくり買い物をしているのか、店員さんとお母さんはどこに行ったのかな?と男の子に聞いていました。待てども母親は来ません。

やっと「○○ちゃーん!」と叫びながら笑顔で、「こんなところにいたのー?」と一言残し一人で買い物に行ってしまいました。こっちは急いでるのにレジが使えなくて困っている、店員さんもこの子どーすればいい?と困っていました。

子供を置いていく母親の方を向いて「早く行きなさい」と男の子に声を掛けると、母親は「はああ???」と大声で振り返り、猛スピードで戻ってきました。
そして私に向かって、「こーんなちっちゃな○○ちゃんに向かってそんなひどいこと言う?あんたの子供がこんな小さい時にそんな言い方した?しなかったよね!!」と、逆切れ。

「こんな小さい、と思うなら危ないことも沢山ある外で置いてきぼりにしないほうがいいですよ。」と返すと、油に火を注いだようで、「あんたはじゃあ24時間こどもを見てたのか?見てなかったに決まってる」とどすの聞いた口調で赤鬼みたいな顔で返してきました。「もう話したくありません!!!!」とまたまた赤鬼みたいな顔で去っていきました。

そして、私の後ろにいたおばあさんの一言「ああやって自分勝手な母親がパチンコ店の駐車場に子供を置き去りにしたりするんだねぇ。」するとナイスタイミングでさっきの男の子が母親に怒られたのか「ぎゃーーーー」と泣く声が店内に響き渡しました。スカーッ!!

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする