私から見たら居候であるトメにあんた家族じゃないよと言えてスキーリ。

私から見たら居候であるトメにあんた家族じゃないよと言えてスキーリ。

今年のゴールデンウィークに代休で休み取ったのに、昨日からウトと喧嘩したトメがいる。

10時くらいに起き出して来て「あさごはんは?」というので、「ご飯もお味噌汁も余ってるのでご自分でどうぞ」と言うと、最近の若い人は年寄りを粗末にするとかごちゃごちゃ言いながら自分で準備してた。

トメの嫌味はスルーできるんだが、ダイニングにいた猫を見て「こんなの飼うから孫もできないんだ。捨ててくればいいのに」と言われてかっちーん。

「トメさん、タマ(仮名)は人間で言うと70歳ですからね。トメさんより年上ですからね。敬ってください、さあ!さあ!」と猫を抱っこしてトメの目の前に持ち上げてみた。

トメ「猫と人間は違うわよ!」

私「え?動物だからって差別するんですか?ひどいわ。夫さんはタマは家族だって言ってるんですよ」

トメ「私だって家族じゃない」

私「ウトさんの家族ですよね。うちにとっては居候です。うちの家族を大事できないなら帰ってもらえます?」

その後トメがご飯食べてる間もタマを抱いてトメ背後で「帰れ~」オーラを出し続けた結果、ご飯食べたらトメ帰っちゃったw

トメにあんた家族じゃないよと言えてスキーリ。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする