捕まった痴漢おやじは、容疑を認めているのだろう一言「ケーサツだけはやめてくれ」と言っていた・・・

捕まった痴漢おやじは、容疑を認めているのだろう一言「ケーサツだけはやめてくれ」と言っていた・・・
私は都内に住んでいる現役の大学生。

1限目から入っている場合は、ほぼ毎日のように、朝のラッシュで満員になっている電車に乗っているのだが、この日は最寄り駅に着いた時に何かいつもと違う空気が流れているのに気がついた。

周辺が何やらわーわーと騒いでいる・・・

そして、大きな声がした。

すると私と最寄りが一緒の大学の先輩が、痴漢の疑いのある犯人らしき人を引きずりだしていた・・・

「痴漢はいけませんね、一緒に駅員さんの所に行きましょう」

一方の捕まったおやじは、容疑を認めているのだろう一言「ケーサツだけはやめてくれ」と言っていましたが、先輩は女性ながら、見た目よりも相当な力があるので、おやじの抵抗もむなしく駅長室へ向かって行った。

後日先輩に会った際に聞いたら、どうやら痴漢を見つけて捕まえたのではなく、先輩自身が被害に遭ったため、その場で捕まえたらしい・・・

先輩は「今になって考えてみると、おやじが刃物とか持ってたとしたら大けがしてただろうから、危険な行動だった。でも、結果的に無傷で済んだから、思い切って捕まえておいて良かった」と言っていた。

さらに先輩は「まあ気持ち悪いおやじだったから、あんなやつに体を触られたという心の傷が若干残ってるけどねw」とオチのようなことを笑って言ってはいたがw

私だったら、声上げていうのもちょっと恥ずかしいから先輩はすげーと思いました。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする