集団ビザを管理していた添乗員がそれを紛失してしまい、空港で足止めを食うことに。そのことをネチネチ言い続けるツアー客のデブ。

集団ビザを管理していた添乗員がそれを紛失してしまい、空港で足止めを食うことに。そのことをネチネチ言い続けるツアー客のデブ。
数年前、ツアーでとある国へ行った時のこと。

集団ビザを管理していた添乗員がそれを紛失してしまい、空港で足止めを食うことに。

幸い2時間ほどで入国できたのだが、この時からツアー客のデブが添乗員をいじめ始めた。

添乗員は失敗を取り戻そうと、何事もスムーズには行かない国で一生懸命頑張っていたが、デブは連日深夜にホテルの部屋に呼びつけ延々お説教、ちょっとでも手際の悪いことがあるとイヤミ攻撃。

今すぐパリ行きのファーストクラスのチケットを手配しろと無理な要求をし、自分はマスコミの人間だから今回の事態を報道して二度と旅行業界で働けないようにしてやるなどと恫喝。(実際には自前番組も持っていないような地方のTV局の社員だった)

このデブは新婚旅行で参加していて、驚いたことに奥さんは常識のある美人だった。

何でもお見合いで結婚して数回しか会ったことがなく、しかも遠距離だったそう。

デブは海外は行き尽くしてしまったのでこんなマイナーな国へ来たと豪語する割にはマナーも何もなく、移動のバスの中でお菓子を食べてはゴミをその辺に捨てたり、煙草の吸い殻を世界遺産の中でポイ捨てしたり、無断で他人を撮影したりとやりたい放題。

他のツアー客は彼ら夫婦に近寄らなくなり、奥さんはどんどん無口になっていった。

ツアーの雰囲気をぶちこわしてもしかたないし、数日の我慢と思ってみんな耐えていたが、最終日、ショーを見る予定が劇場の都合で30分ほど遅れたことにデブがまた添乗員に文句をつけ始めた。

見かねた友達が「それは彼女のせいじゃないでしょう」と言うと、「お前は生意気なんだよコラ!」と、胸ぐらを掴まんばかりに怒鳴りやがった。

この時、ツアー客が一致団結した。「コイツを放置してはいかん」

帰国した空港では旅行会社の幹部が待機しており、ビザ紛失について説明と謝罪の場が設けられた。

皆が納得して帰った後、デブのみ居残りねちねちと文句を言い続け、添乗員の処分を求めていたが、ツアー客の有志で寛大な処置を求める署名入りの文書を作り、会社に渡しておいたのが奏功したのか、添乗員は業務を続けられることになったと後で聞いた。

そして私達は次の行動に出た。

デブが勤めている会社あてに今回の顛末をメールや封書で送ったのだ。

奴が会社の備品と思われるカメラを所持していたこと、会社の名前を振りかざして添乗員を恫喝したことを。

しばらくしてデブが閑職に回されたことを人づてで聞いた。

あんな奴だ、会社でもトラブルを起こしていて、今回の事はきっかけに過ぎなかったとは思うけれども。

ついでに海外に行き尽くしたと言っていた奴の渡航実績はハワイとグアムくらいしかなかったらしいということも後で聞いた。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする