朝の新宿駅。人でごった返しているのに、若い男は両肩をいからせて、周りの人を突き飛ばしながら進んできた。

朝の新宿駅。人でごった返しているのに、若い男は両肩をいからせて、周りの人を突き飛ばしながら進んできた。
以前、新宿からバイト先に向かおうとしていた時のこと。

朝の新宿駅は乗降客でごったがえしていて、私は周りの邪魔にならないように、リュックを肩から下ろして、前に抱えてホームを歩いてた。

すると、前のほうから若い男が、両肩をいからせて、周りの人を突き飛ばしながら進んできた。

「感じ悪いヤツだなー」と不快感を感じながらその男を見ているうちにも、男はどんどん進んできて、私のリュックに思い切り肩をぶつけてきた。

しかし、その時私は下水道調査のバイトをしていて、リュックにはマンホールのフタを開けるための特殊なスパナが入っていた。

「ゴキッ」と音がして、肩をおさえて立ち止まる男。あの音からすると、カナーリ痛かっただろうな・・・。

可哀想だったかもしれないが、ちょいと溜飲が下がったし、これで両肩をいからせないだろうとも思うと安心したw

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする