小姑と私を間違えて階段から落とした姑が思わず本音を漏らして・・・

小姑と私を間違えて階段から落とした姑が思わず本音を漏らして・・
個人的にはスカッだけど、他人が聞いたらひどい!かもしれない。

舅と姑とは別居で、私が働いていたから盆正月ぐらいしか付き合いはなかったので悪印象はなかった。

そんな時、私が妊娠してつわりがあまりにひどくて入院までしたので、退職して専業主婦になったらテンプレ通りに嫌味満載トメになった。

私が退職してお金を渡さなくなったのが原因だと思う。

そんな時期にニートのコトメが出来婚をしたいと言い出した。

相手は派遣の不安定な男でお金は無い。

それで仕送りを再開しろとトメ・コトメでせまってきたが、子供の教育費も準備したしたいし、私が無職なので無理と断った。

納得するわけもなくしつこく二人で我が家に日参して居座った。

その頃我が家は賃貸の二階建ての細長い作りのメゾネットタイプのアパートに住んでいて、トイレは二階でリビングは一階で階段は狭くてまっすぐだった。

妊娠していてコトメも私もトイレが近くて、一階二階を行ったり来たりしていたら、影に隠れていたトメが、階段のでよろけたふりをして後ろ向きでコトメにぶつかった。

コトメはまっさかさまに落ちた。コトメが救急車で運ばれて慌ててやって来たウトと元旦那の前で「人殺し~」「トメさんがコトメさんを突き飛ばした!」と大騒ぎをしてやった。

そしたらトメは「違う違う私は嫁だと思ったから…」

言ってみてはっとしたらしいけど皆にしっかり聞かれた。

コトメは流産しました。

トメが私がトイレに立つ度にちらちらと見て用も無く二階に上がり(二階はトイレと寝室だけ)うろうろしていたので、ひょっとしてと思い階段の電球を抜きうす暗くし黒大好きなコトメに合わせて黒オンリーの服にして、髪もコトメの髪形を真似て、トイレに二階に上がっても下りないで寝室で息をひそめていたのが、私の仕返しです。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする