• ・上司と残業しているとガスゥと異音 → 自分「お、なんか刺さってんな~」
  • ・【大逆転】宝くじで1等3億円を当てた友人に絶縁された。私たちがうまく反応できずにいたことや金遣いが荒くなったことへの忠告を友人は『嫉妬』だと思い込んでしまって…
  • ・可愛がっていた後輩が「先輩なんか奢って下さいよ!」と言うので俺のお気に入りだった小料理屋に連れて行ったら後輩も常連となった→その結果は予想も付かないもので…
  • ・【不幸すぎる結婚式】披露宴が進行中、新郎(ムスッ) →会場(ざわざわ…) →自分(気丈に振る舞ってる新婦がなんだか可哀想…) →後に知った事実に…
  • ・アウトレットモールで。夫『トイレいきたい』私「待っとくよ」→私「遅いな…」夫電話『事務所にいるから来て欲しい…』私「えっ?」→行ってみると…
  • ・【ゾッとした...】タクシーに乗ってきた客「運転手さん、子供いる?」運転手「ええ、2人います」客「そう... もし、いないって言ってたらさ...」
  • ・【不幸な結婚式】恩師「新婦ちゃんキレイだねー!これなら、俺が手を出してもよかったかなー?www」→ 新郎がビール瓶を投げつけ…
  • ・「完全にバレた。どうしよう… 昨日旦那が帰って来なかった。悔やんでも悔やみきれない。旦那が戻って来てさえくれれば、もう絶対こんな事しない。」だったら最初からやんなよw
  • ・俺、大学生をひきころす。警察「お咎めなし」俺「え!?」遺族「ご迷惑をおかけしました」俺「え!?」 → 今も心の中は修羅場だ
  • ・【衝撃】銀行の駐車場で落ちている封筒を見つけた。私「もしかして中身は…(ゴクリ」→中を見てみると、諭吉さんが何人もいた!震えながら運転して交番に届けた結果
  • ・玄関に手を掛けると、鍵がかかってない。俺「あれ?嫁いるのか?」→中から「やめてー!」と声が聞こえてきて…
  • ・私(しまった!旦那にウワキ現場見られちゃった…ヤバ) →旦那『ぺこ(会釈)』私(えっと…?) →帰宅後、一切のお咎めなし…これって…
  • ・車にはねられた!運転手「大丈夫ですか?」私『はい』→ 立ち上がろうとすると、急ぎ足で車に戻った運転手に、今度はバックではねられ…
  • ・痴漢を捕まえて警察に引き渡した。俺「もう安心だ。帰ろう」警察「あ、待って」→本当の修羅場が始まった…
  • ・「一瞬、何が起きたのかわからなかった…」新幹線で子連れ女が凄いことをヤリだした!!!
  • ・買ったばかりのカメラで嫁と間男を撮った。2人とも固まってはいたが、いい写真が撮れたと思う。明日は間男の結婚式なので、面白い余興のネタが出来たwwwつーか、胃が痛いwww
  • ・【閲注】病院の受付「○○さーん」女「はい」私「(どっかで聞いたような…)」→ググってみたら…
  • ・【黒い話】私「先生、私も個人レッスンしてほしいんですが…」顧問「君はかなり上達してるから大丈夫」私「…」その後…
  • ・現役刑事の義父「ぶっちゃけて欲しいんだが、実は同性愛者だったりするの?」俺「え?」→全てを白状させられ…
  • ・実家に年の離れた弟がいる。実は中学の時に産んだ私の子。父親はなんと… → 母「許してくれ(泣)」私(進学せずに育てるか…)
  • ・夜の店のサイトを見てたら、嫁を見つけた。泣きながら嫁を怒鳴りつけたら、そのまま離婚になった。
  • ・妹が私の婚約者とウワキ&妊娠。両親「譲ってやれ」私『おk。絶縁』→結婚式当日、新郎両親「え?花嫁が違う」参加者「ザワザワ」→元婚約者(真っ青)妹(号泣)結果…
  • 手の病気がキッカケで大柄な男の子とそのお取り巻きからイジメに遭った。「バカの相手する奴がバカ」と自分に言い聞かせてシカトしてたけど・・・

    武勇伝というより、窮鼠に噛まれた猫がびっくりして逃げただけの話かもしれんが…

    中学の頃いじめられていた。

    相手はクラスで一番体のでかかった男の子とそのお取り巻き。私は女。

    きっかけは、手の病気で利き手が使えなかった時期があって、試験の時とかに(利き手が使えないから)便宜を図って貰っていたりしたのをえこひいきだと言われた事。

    男→女のいじめだったせいか殴られたり蹴られたりはしなかったけど主に言葉の暴力と妨害で、例えば登校すると「手袋登校ー」(利き手が包帯でぐるぐる巻きの上に手袋形のサポーターをしていた)

    「あーあ、また来た。いいかげん転校しろよ」

    「こないだ欠席した時はとうとう辞めたかって思ったのになー」

    と指を指され

    リレーで走れば「コケろ!ビリになれ!これ以上走るな!」と野次が飛び、文房具や教科書は持って行かれて捨てられるといった具合。

    女の子達とは普通にやっていて、皆「病気をからかうなんてひどいよね」と同情的だったけど、いじめの中心人物が体が大きくて強面だったので
    表立って加勢までする子はいなかった。

    手の病気が治った後もいじめはしつこく続いた。

    「バカの相手する奴がバカ」と自分に言い聞かせてシカトしてたけど内心かなりきつかった。

    で、ある日切れた。

    理科の授業で班別に実験してレポートを取っていた時、いじめ側のグループがうちの班の実験にちょっかいかけてきて、バーナーの火をいじったり器具を動かしたりして正確なデータが取れない。

    見かねた周りの子が「やめなよー」と言っても聞かない。

    たまりかねて、いじめの中心人物の顎に拳で殴りかかった。

    といっても身長差があったのでアッパー食らわせた格好。

    もちろんボクシングマンガみたいに相手が吹っ飛ぶなんてことはなく、「ぺちっ」と情けない音がしただけだったが、瞬間クラスが静まり返った。

    ずっと反抗しなかった私がいきなり20センチも背の高い子に物も言わず殴りかかったからだと思う。

    相手の子も目を丸くしてた。

    すかさず教師が、いじめ側の班の子達に「お前達は自分の班に戻って実験やり直し。それから実験器具の正しい使い方についてレポート提出しろ」

    私にはお咎めなし。

    それがきっかけになったみたいで、以降いじめはやんだ。

    それがちょうど学期の変わり目だったんだけど、新学期になったら

    中心人物の子がいなくなってた。

    転校したらしい。

    元記事 胸がスーッとする武勇イ云を聞かせて下さい!(34)