「俺は昨晩からここにダンボールで場所とってたので俺が先頭だ」と主張しているヲタ風の男。一歩も引かない構えだったのだが・・・

少し前に、とあるイベントのチケットをとるため、友人Aと一緒に早朝からぴ○の前に並んだことがある。

私たちの前には5人くらい並んでおり、先頭は大学生風の男の子だった。

ぴ○開店まであと1時間くらいという頃に突然30代くらいのいかにもヲタ風な男の人がふらりとやってきて、先頭の男の子の前にあったダンボールをおもむろにどかし、そこへ腰を下ろした。

あんまり普通に座ったので「先頭の子の友達かな?」と思っていたら、二人は言い争いを始めた。

どうやら「俺は昨晩からここにダンボールで場所とってたので俺が先頭だ」と主張している模様。

しかも同じコンサートのチケットが目当てという事が判明して余計に闘争心を燃やしてるらしい。

先頭の子は「僕は夜中3時からここにいるんですよ」と言ってるのに

「俺は昨日の夜10時にダンボールを置いたから俺のほうが早い。」

「俺は会社員だから夜中から待てない。お前みたいに暇じゃない。」とかもうムチャクチャな言い分。

さすがに私も他の人たちも見かねて

「いやそれはダメっしょ」「みんな寒い中並んでるのに」「ダンボールだけ置いて場所とりなんて…」と抗議したが「何言われようと俺は全く動く気ないから」と開き直っている。

先頭の子が言い争いに疲れてあきらめモードに入った時、それまで黙ってたAがスクっと立ち上がり、ダンボール男に

「仕事持ってるいい大人が恥ずかしくねえのかよ!ズルして取ったチケットで来てもらってアーティストが喜ぶわけねえだろうヴォケが!!」とすごい勢いで怒鳴った。(Aは女です)

Aとは結構長い付き合いだが、いつもクールというか冷静沈着で、そんな言葉遣いも大声出したのも聞いたことなかったのでびっくりした。

そしてダンボール男はその言葉で明らかにひるみ、3分ほどうつむいたまま居座ったものの、その後立ち上がり列の後ろへとぼとぼ歩いていった。

先頭の子は「みなさんお騒がせしてすみませんでした」とその場の人に頭を下げた。

そしてぴ○開店。

皆チケットを手に入れ、席を確認していたらダンボール男が先頭の子に「あの~」と話しかけたので、謝るんだなと思ったら「席何番でした?」と聞いていた。

先頭とどのくらい違うか気になったらしい。

するとまたAが「そんなことよりも他に言うことあるのが分からないのかな。いい大人が」と冷ややかな声で言い放つ。

ダンボール男は「スススンマセン」とキョドりつつ逃げるように帰っていきやがった。

元記事 https://life8.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1174697211/

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする